「携帯メール」で守ろう安全

ライフスタイル総合研究所



 「携帯メール」で守ろう安全

投稿日:2004年03月18日 12:31

 「ひょっとして、事件や事故にまきこまれはしないか……」。心配する家族のために、外出する子どもの安全に役立つ緊急のお知らせを、携帯電話のメール機能で送る学校や地域が増えています。(朝日小学生新聞)

 佐賀県多久市では、2003年11月から全小中学校(計10校)が、希望する保護者の携帯電話にメールを送っています。ふだんは学校ごとに、学校だよりや行事予定を送っています。共通で送るのは、警察などから教育委員会にとどく緊急の犯罪・災害情報です。「女の子があやしい人に声をかけられた」「車に引き込まれそうになった」等の内容で、これまでに11件送りました。実際に犯罪が起きたときは、犯人の身長や服装を新聞より早く知らせ、利用者は各小学校で5割から8割です。「どの道を通るかの参考になる」「目がとどかなかった場所を気にし始めた」などの声があり、九州ではほかに小中学校5校と保育園ひとつがこのシステムを使っています。

 東京都荒川区教育委員会も1月20日、同じシステムを4つの小学校で開始しました。10月には区の全小中学校に広げる予定です。警察から連絡を受けたら早いときは10分ほどで情報を発信します。荒川区の小学校では最近、電話連絡網が役に立たなくなっていました。「昼間は留守の家が多く、携帯電話も切ってある。半数に連絡がつけばいいほう」という学校もあります。電話やプリントでのお知らせはこれまで通りですが「運動会当日の連絡や災害のときも、情報がいっせいに確実に届く」と、ある先生は期待していました。

 大阪府枚方市の市PTA協議会では、各学校のPTAで生活指導などを担当する役員の携帯電話に、あやしい人の情報をメールするシステムを、2003年10月に開始しました。メールをもとに、必要におうじて、校区内のパトロールなどをして、新たな被害を防ぎます。あやしい人の情報は、市内計75の幼稚園、小、中学校のPTA役員数人ずつが、学校だよりなどから集めます。同じ情報を協議会のホームページで見ることもできます。これまでに「児童があやしい人に声をかけられた」「車で後をつけられた」など40件近いメールが送られました。協議会の会長は「思っていた以上に、校区外での不審者の情報が多い。みんなで子どもたちを見守っているという意識が大切」と言っています。



http://www.lifestyle.co.jp/2004/03/post_101.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所