SXF図面が携帯で閲覧できる技術

ライフスタイル総合研究所



 SXF図面が携帯で閲覧できる技術

投稿日:2005年04月18日 11:34

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2005年3月8日、CADデータ交換標準であるSXF(Scadec data eXchange Format)図面を携帯電話の画面で表示する技術を、戸田建設とKDDI研究所と共同開発しました。

 KCCSは、従来専用ブラウザがなければ閲覧が難しかったSXF図面を、SVG(Scalable Vector Graphics)技術を利用して携帯電話画面上で表示させるアプリケーションを作成しました。サーバー内でSXFファイルをSVGフォーマットファイルに変換処理し、KDDI研究所が提供する「SVG Browser for BREW」を利用して携帯電話画面上で表示するため、図面の拡大・縮小・回転など高品質な表示ができます。同技術により、携帯電話があればいつでもSXF図面を閲覧することができるようです。



http://www.lifestyle.co.jp/2005/04/post_85.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所