企業広告のネットへの移行

ライフスタイル総合研究所



 企業広告のネットへの移行

投稿日:2006年01月06日 14:47

 商品、サービスのマーケティングやコマーシャルであれば、ネット・コミュニティーを経由しないでもテレビ、ラジオ、新聞などのマスメディアがあり、広告効果もずっと大きいはずです。それなのに企業はなぜネット・コミュニティー上でマーケティングを行うのでしょうか。

 答えは米国で始まったマスメディアからインターネットへの広告費のシフトにあります。マスメディアによるマーケティングは効果が弱くなり始め、米国の大手の広告代理店は、現在広告費の7割から8割を占めるテレビ広告が2009年ごろまでに半分に減ると大胆に予測しています。

 既に2005年には米国の大手企業がテレビなどの広告費を減らし、インターネット広告費を2割から5割増やしました。テレビ好きだった米国人ですが、最近は若者がテレビを見なくなり、ライフスタイルに変化が出ています。

 米大手テレビ局のNBCの平均視聴者年齢は49.1歳、CBSは51.8歳。若者に受けるWB(ワーナー・ブラザーズ)ですら40.7歳です。米国では危機感を強めたニュース・コーポレーションが最大手の独立系ソーシャル・ネットワーキングのマイスペースを5億8千万ドルで買収しています。

 この波は我が国にも確実に波及しています。既に我が国のインターネット広告費はラジオを凌駕しました。ライブドアによるニッポン放送株買占め、楽天のTBSへの統合提案などは、このあたりに真意がありそうです。



http://www.lifestyle.co.jp/2006/01/post_144.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所