重曹の活用

ライフスタイル総合研究所



 重曹の活用

投稿日:2006年03月23日 14:28

 最近、ショッピングセンターやスーパーなどで重曹をよく見かけるようになりました。掃除用の洗剤などで環境にも優しい素材を使おうという志向が高まったせいか、重曹は特に注目されているひとつといえます。

 もともと重曹は、温泉や海水などに含まれている弱アルカリ性のミネラルです。調理ではベイキングソーダと呼ばれ、化学的には炭酸水素ナトリウム、NaHCO3で表示されます。食用、工業用、薬用と純度や目的に合わせて分類され、市販されています。

 重曹の結晶はとても柔らかくて粒子が細かいため、研磨剤として使うことができます。工業用なら料理用より安価で購入できるため、ふだんの掃除の洗剤代わりに使うのがおすすめです。

 重曹のアルカリ性が酸性の油汚れを分解したり、中和したりします。例えばステンレスのキッチンシンクなどではさっと振りまいて、スポンジでこすれば、きれいに磨き上げられます。調理中にこぼれたり、飛び散ったりして汚れたコンロには、調理後に重曹を振りかけて油汚れを吸着させ、数分おいたあとにふき取るようにします。鍋が焦げ付いたり、こびりつきがひどいときには、鍋に水を張って重曹を加え、少し沸騰させて一晩放置します。こびり着きが浮き上がってきますので汚れが落としやすくなります。ついでに、コンロのゴトクも一緒にお湯に入れて煮れば、両方の汚れが同時に落とせます。アルミや銅といった柔らかい金属でできた鍋などは、キズが残る場合がありますので避けた方がいいようです。

 洗濯にも活用が可能です。今使ってる洗剤や粉石鹸を半分に減らして重曹をカップ半分約100?ほど加えると洗い上がりもふんわりします。また、入浴する際に浴槽にカップ半分から1杯入れることで、お湯が柔らかくなります。入浴後はバスタブや排水口の汚れも落としてくれます。また、酸性のにおいを消す効果もありますので、冷蔵庫や生ゴミ、下駄箱や押入といったところの消臭剤として活用することもできます。環境にやさしい魔法の粉、重曹を活用してみてはいかがでしょうか。



http://www.lifestyle.co.jp/2006/03/post_131.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所