モバイルスイカ

ライフスタイル総合研究所



 モバイルスイカ

投稿日:2006年03月18日 11:16

 JR東日本は、携帯電話を改札機にかざすだけで電車に乗れる「モバイルスイカ」のサービスを始めました。決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」で、乗車券や定期券の購入、自動販売機や飲食店の支払いができます。

 モバイルスイカは、すでに利用されている前払い方式の非接触ICカード「スイカ」と違い、オンライン上でお金を入金できます。サービスを利用するには、JR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」に会員登録する必要があります。対応する携帯は当面、NTTドコモ9機種、KDDI(au)3機種の計12機種です。利用者は、携帯からJR東日本のウェブサイトに接続して専用ソフトをダウンロードし、名前などを登録します。チャージする金額を携帯で通知するだけで、利用した代金はクレジット決済の形で後日、口座から引き落とされます。

 当初、スイカが利用できる首都圏、東京モノレール、東京臨海高速鉄道(りんかい線)の各駅、JR西日本のICカード「イコカ」対応の駅などで利用できます。会費は当面無料で、2007年3月末までに100万人の利用者を目指しています。JR東日本では「乗客の利便性が向上し、ビューカードの会員(2005年12月末で340万人)が増えれば」(広報部)と期待しています。

 2006年は携帯電話の番号を変えずに電話会社を変えられる番号ポータビリティー制度が11月までに導入されます。通話料金など基本的なサービスは各社横並びのため、おサイフケータイにどれだけサービスを付加できるかが勝負のカギになりそうです。



http://www.lifestyle.co.jp/2006/03/post_80.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所