「ワンセグ」がスタート

ライフスタイル総合研究所



 「ワンセグ」がスタート

投稿日:2006年05月18日 10:51

 携帯電話などでテレビや文字情報が見られる携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」が4月1日にスタートしました。地上デジタル放送では、一つのチャンネルが13セグメントに分かれた構造になっています。モバイル機器(主に携帯電話)向けは画面が小さく低画質・低音質でよいため、1セグメント割り当てられており、1セグメント放送と呼ばれます。2005年9月末、1セグメント放送から正式にワンセグというサービス名称に決定しました。

 サービスは当初29都府県で始まり、地上デジタル放送の設備が整っている都市部などを中心に視聴ができます。対象地域は年内に全国規模に拡大する見通しで、テレビの視聴形態が大きく変わることも予想されますが、視聴率を伸ばしたい放送局と通信料増収を目指す携帯会社との間で思惑の違いがあるようで、市場がどこまで成長するかは未知数との見方もあります。

 ワンセグは専用の携帯電話などで、NHKや民放各局の通常のテレビと同じ番組を料金なしで視聴できます。従来のアナログ放送と比べ画質が向上し、車などでの高速移動中でも、乱れは少なく鮮明な映像を楽しめます。

 番組と携帯電話の通信機能を連動するサービスも受けられます。携帯画面には、番組画面と同時に番組の関連情報などが「データ放送」と呼ばれる文字で表示されます。ニュース番組や天気予報でデータ放送を利用すれば自分がより詳しく知りたい情報を調べることもできるようです。



http://www.lifestyle.co.jp/2006/05/post_75.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所