電磁波の影響

ライフスタイル総合研究所



 電磁波の影響

投稿日:2007年03月30日 09:48

 電磁波については、はっきり解明されていませんが、その電磁波の影響を受けて体調のすぐれない方、敏感になってしまい体のつらい方からの問い合わせや相談がとても多くあります。電磁波は目に見えませんが、その目に見えないものに対して体が反応している方の非常に多いことをお伝えしたいと思います。

 私のサロンでは、体が電磁波などの特定周波数の影響を受けていないか、その反応を「スターライト」という機器を使用して測定しています。スターライトで測定すると体が電磁波や地磁気レベルの影響を受けているのかいないのかが概ね判断できます。これまでに多くの方の身体的測定を行ってまいりましたが、今大きな問題になっている電磁波過敏症(ES)や化学物質過敏症(CS)と呼ばれる症状に悩まされている方の測定を行うと、そのほとんどの方にはある共通の現象が見い出されます。

 電磁波に過敏なほとんどの方は、その症状を発症する前に強力な電磁波の影響を受け、許容量を越えた時点で発症しているということです。家の電化製品は使えない、外にも出られない、電波がどの方向から来ているかさえもわかってしまうなど、日常生活にとても支障をきたしてしまいます。

 皆様方が口をそろえてお話されることは、電磁波過敏症になってからでは治りにくいので、発症する前に予防して欲しい。そして、電磁波過敏症の方が実際にいるという事実を知って欲しいということです。はっきり解明するというよりか、そのような事実があるということを前提に気をつけるところは気をつけ、日々生活することが肝心ではないかと思います。

 海外では、電磁波についての基準は相当厳しく、電磁波の影響が考えられる半径2キロ以内には小学校など、子供の通う施設を建ててはいけないとか、14歳以下の子供に携帯電話を持たせてはいけないなど、電磁波を規制する内容が法的に整備されています。しかし、日本の場合は非常に遅れているように思います。

 スターライトを使用して測定した経験から、電磁波の体への影響は疑いの余地が無いと考えられます。世の中には知らないことがとても多いのですが、知ることでこんなにも電磁波などで体調を崩している方、日常生活が困難な状況にまで追い込まれている方が多いことに驚かされます。

 過去に於いて非常識な事柄が、現在においては常識になっている事柄は非常に多く、その問題に目をそむけるのではなく、もしかしたら自分も影響を受けているのではないかという観点から知識を吸収することは非常に重要です。私どもが行っている通称エネルギーセラピーでは、体のエネルギーとそれを取り巻く様々なエネルギーのバランスを整えるようにアドバイスしています。当然、住環境、仕事場の環境などは非常に重要な要素といえます。

 これまでの経験から推測すると、体の具合が思わしくない方というのは、電磁波、地磁気、水脈、いろいろな周波数の乱れなど、住まいの環境から影響を受けている人が非常に多いと思います。まず、家の状況を知るということが重要ですから、私のサロンでは「家の電磁波地磁気レベル診断」を行って、体の環境、家の環境両方の側面から現状にアプローチしています。
                          プレバランス横浜店 有賀 雅高


 問い合わせや相談はライフスタイル総合研究所までご連絡ください。



http://www.lifestyle.co.jp/2007/03/post_192.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所