仮想空間「セカンドライフ」

ライフスタイル総合研究所



 仮想空間「セカンドライフ」

投稿日:2007年05月01日 13:04

 多種多様な店舗、大学、美術館、リゾート施設、カジノや宇宙センターなどが並ぶ巨大仮想空間「セカンドライフ」(Second Life)の日本語版サービスは、世界の390万人以上が住民登録しているセカンドライフの日本上陸とあって、広告会社やIT(情報技術)各社が、仮想世界での企業支援ビジネスに乗り出すなど、動きがあわただしくなってきました。

 セカンドライフの世界には、インターネットにつながったパソコンから入り、住民登録をした後に専用ソフトをダウンロードして、自分のアバター(分身)を創ります。名前や姿を決めれば、その中の街を自由に歩くことができます。街には様々なアバターが歩き回り、互いに会話をすることができます。公用語は英語ですが、4月以降は日本語での会話が一部を除き可能になります。今後、日本語による操作手順の説明なども充実する予定です。

 これまでもネット上の仮想空間サイトはありましたが、セカンドライフには2つの大きな特徴があります。一つは、自分で様々な物を創ることができます。楽器、家具、衣料、雑貨、慣れてくれば建物や車まで、用意された制作ツールを活用して形に仕上げることができます。しかも、その著作権は創った人のものになります。

 もう一つは、「リンデンドル」と呼ばれる仮想通貨が流通し、それを実際の米ドルに換金できることです。つまり、自分で創った服や家が売れれば、最終的には現金収入を得ることができるのです。昨年、不動産売買で日本円にして1億円近く稼いだ例もあります。レートは日々変化していますが、物価はかなり安いようです。それでも現在、約15億リンデンドル以上が仮想世界の中で流通しています。

 セカンドライフは2003年、米国ベンチャーのリンデンラボが立ち上げました。主な収入源は、土地の販売とその管理です。6万5000平方メートルの土地に相当する島を、1675ドル(約20万円)で売っています。これがサーバー1台分に当たり、月額295ドル(約3万5000円)で管理します。購入者は島の土地を区画整理し、住宅付きで分譲して販売することができます。

 米国では、大企業が次々と仮想の土地を手に入れ始めています。米国トヨタは、そこに試乗できる自動車ショールームを開設しています。日産自動車は、大きな車の自動販売機を設置しました。通信社のロイターは支局を創ってニュースを配信しています。さらに60以上の大学が分校を運営しています。

 国内企業の関心も高まってきました。電通は、アニメなどのクリエーター養成学校を運営するデジタルハリウッドと組み、企業や団体の参入を支援するための研究会を設立します。複数企業の参加を募ってセミナーなどを開催する予定です。また、仮想の共同研究所を設け、セカンドライフの中でも企業のサポートを行います。

 賃貸マンションのツカサグループは、静岡県伊東市に2009年(早ければ、今年夏にも)着工する予定の永住型テーマパーク「伊豆昭和30年代村」のバーチャル版の建設を準備中です。ゆったりした生活を求める団塊世代1500人以上の会員を集める計画ですが、その暮らしを先行して疑似体験してもらう試みです。また、古本販売のブックオフコーポレーションは店舗を設置して、当面は企業PRが主な狙いですが、将来の電子書籍販売などに備えています。

 ただ、著作権などの法的問題、急速にユーザーが増加した場合のトラブル、日本人にとっては英語でのコミュニケーションが苦手などの課題もあるようです。セカンドライフの日本人ユーザーは、まだ2万人未満ですが、日本語版の登場で、日本からの参加者が一気に増えるかどうか、400万人近い仮想社会の住民と共に見守ることになりそうです。



http://www.lifestyle.co.jp/2007/05/post_198.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所