「メタボリックシンドローム」その5

ライフスタイル総合研究所



 「メタボリックシンドローム」その5

投稿日:2007年06月14日 16:04

◇内臓脂肪がたまりやすい生活パターン

 もし越えていなかったとしても、メタボリックシンドロームにならないために普段の生活を振り返ってみてください。

 「階段より、エスカレーターやエレベーターを使う」
 「車を使うことが多くてあまり歩かない」
 「ほとんど運動らしい運動はしない」
 「脂っこい食事が多い」
 「ついつい食べ過ぎてしまう」
 「甘いものが大好き」

 思い当たることはありませんか。運動不足や高カロリー・高脂肪で不規則な食生活が続くと内臓脂肪がたまりやすくなってしまいます。少しずつでも体を動かすこととバランスの取れた規則正しい食生活を無理のない範囲で取り入れていきましょう。

◇医師からのアドバイス

 日常生活を改善することが、メタボリックシンドロームの予防や治療につながります。おへそ周りを気にかけながら、体を動かすこととバランスの取れた規則正しい食生活を続けていきましょう。

 おへそ周りが少しでも縮まってくれば内臓脂肪が減ってきた証拠です。たまっていた内臓脂肪が減ってくればアディポネクチンの分泌量は増え、アディポネクチンが増えてくれば動脈硬化を抑えることにつながります。

 これからの人生、動脈硬化を抑え健康に過ごすために自分自身でできることがあります。体を動かし、食べ過ぎず、おへそ周りをしっかり抑えて、たまった内臓脂肪にお別れしましょう。



http://www.lifestyle.co.jp/2007/06/post_206.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所