爪分析 その4

ライフスタイル総合研究所



 爪分析 その4

投稿日:2007年10月11日 15:47

○カルシウム濃度が低いと

カルシウムの標準的な許容範囲値は、718.000?1560.000mg/kgです。
カルシウムは、骨、そして、歯の形成、そして、筋肉および神経系統の機能にとって重要なミネラルです。加えて、カルシウムは各種ホルモンの分泌に影響を与え、細菌、ガン、ウィルスなどから体を守る免疫反応および細胞が酸化(さびる)に関連している必須ミネラルです。カルシウムが不足すると、筋肉のけいれん、筋肉の痛み、月経不順、歯周病、および骨粗鬆症の原因にもなります。

年齢および症状によって、必要とする量は異なりますが、目安としては1日あたり600-1000mgです。年齢が高くなるにしたがって、ホルモン分泌能力と胃の消化能力が減少してきますが、これと同時に体がカルシウムを吸収する能力は減少し、カルシウムの活性レベルが低下します。

・食材からのカルシウム
 魚・緑黄色野菜・クエン酸が含まれる果実

・考慮するところ
ペプシンを含むビタミンD、アミノ酸のリジンは、カルシウム吸収を助けます。また、食事の前にリンゴ酢またはレモン果汁小さじ1杯を3倍の水で希釈したものを飲むことによって、胃での消化を助け、カルシウムの吸収を助けます。また、乳酸菌(アシドフィリス菌)も腸でのカルシウム吸収を促進させます。
                       栄養医学研究所 NMA検査報告書より



http://www.lifestyle.co.jp/2007/10/post_233.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所