都市鉱山

ライフスタイル総合研究所



 都市鉱山

投稿日:2008年10月17日 09:00

 テレビやエアコン、パソコンなどは家電リサイクル法や資源有効利用促進
法に基づき、廃棄品から金属や樹脂を回収してリサイクルされています。ハ
イテク産業に不可欠な希少金属の再利用については、現行の法制度がゴミの
削減と有害物質の対策に重点をおいて作成されたために、これまでは注目さ
れていませんでした。

しかし、資源高を背景に、国内で使用、廃棄されるテレビや携帯電話など
電子機器に使われる希少金属に関心が集まっています。金や銅だけでなく様
々なレアメタルが使用されていますので、取り出せば再利用できるため「都
市鉱山」とも呼ばれています。

 国の研究機関の物質・材料研究機構は、日本にある金の量は南アフリカの
埋蔵量を上回り世界一との試算を公表しました。日本の都市にある金の量は
約6800?で世界の埋蔵量の16.4%にも達します。銀は22.4%、液晶の電極に
使うインジウムにおいては61%が国内にあります。

 他の金属ではアンチモンが19.1%、スズとタンタルが11%、鉛が9.9%、
銅が8%に亜鉛が6%、プラチナは4%といった具合です。見方によっては、
日本は世界有数の資源国といえるようです。

 希少金属の含有率が一番高いのは、携帯電話です。1台に含まれる金の量
は約6.8??あります。1??の金を回収するのには約15万台(17?強)が
必要になります。鉱山で掘り出した鉱石から、金1?を取り出すのに約1000
?の鉱石が必要とされていますので、携帯電話は品位の高い鉱石に例えられ
ます。しかし、現行では法的な回収義務がありませんので、電話会社や量販
店の自主的な取り組みに頼っています。

 都市鉱山から効率よく資源を回収するには、携帯電話を始め家庭に広く分
散した家電製品をいかに効率よく集めるかがカギになります。秋田県大館市
では、市民がリサイクル法の対象外である不要な小型の電気製品をスーパー
の店頭などに置いてある回収ボックスに持って行きます。

 ボックスに入る大きさなら何でもOKということで、同市と近隣市町村27
カ所で集めた製品は1年間で4000個以上にもなり、人口8万人の市としては
順調な滑り出しです。

 しかし、鉱石の製錬とは違う技術が必要になりますから、不要になった製
品から金属の全てを回収することは、技術的、経済的に問題があります。金
や銅は比較的容易に回収できますが、高性能磁石のネオジウムや携帯電話の
バイブレーターに使うタングステンなどは難しいようです。

 また、国内の廃家電の一部は海外へ流れ、中国などで金や鉛などが抽出さ
れています。取り出し易く、換金し易い金属は市場に戻りますが、そうでな
い金属は捨てられてしまいます。国内資源が流出との見方もありますので、
廃家電を資源化するシステム創りが重要になってきます。



http://www.lifestyle.co.jp/2008/10/post_273.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所