健康・医療・福祉の未来像を求めて「コ・メディカル産業展2009」

ライフスタイル総合研究所



 健康・医療・福祉の未来像を求めて「コ・メディカル産業展2009」

投稿日:2009年08月04日 09:00

 健康は自己責任という時代を迎え、病気にならないための「予防医学」、
病気の発症を抑える「未病学」、西洋医療と補完・代替医療による「統合医
療」への関心が高まっています。

 地域医療の受け皿となる薬局・薬店、ドラッグトアでは、個人の健康管理
をサポートし、正しい知識と情報を生活者に提供する「健康情報発信基地」
としての役割が期待されています。

 また、最近では健康食品・療養ケア商品の宅配サービス、24時間健康相談、
郵送による検診サービス、がん・糖尿病・アレルギーなどの患者会に向けた
通信販売サービスが登場するなど、新たな市場を形成しています。

 こうしたヘルスケア分野を医師とともに支えるのが薬剤師・栄養士などの
コ・メディカルスタッフであり、医療周辺サービスです。『コ・メディカル
産業展2009』はヘルスケア分野の展示とセミナーによるビジネスベースのト
レードショウです。

 イベント内容は健康・医療・福祉分野の各種セミナー・シンポジウム、企
業展示ブース(健康食品、サプリメント、治療・介護食品、アンチエイジン
グ、ドクターコスメ)、薬局・薬店組合・団体、がん・糖尿病・アレルギー
等の患者会、医療機関の特設ブースがあります。

■薬局・薬店、薬系小売組合・共同仕入機構
 薬価の引き下げ、調剤報酬の低下、一部医薬品の自由販売など医薬品だけ
では経営できない時代を迎え、新たな経営の柱として注目されているのが健
康食品、健康関連商品です。また、ドラッグストアにおいても競合店との差
別化のため、コンサルティング販売に力を入れる店舗が増えてきています。
組合・ボランタリーチェーンでは商品を共同仕入するだけでなく、販売のた
めの勉強会に力を入れています。

■がん・糖尿・アレルギー等患者会、患者団体
 患者の生活の質的向上を目指し、アドバイスと情報提供を行っています。
がんや糖尿病、アレルギー、リウマチなどの難病や長期間の治療が必要な疾
病が中心で、病院単位から全国組織まであり、患者会を対象とした通信販売、
宅配などのサービスを行う企業も参入しています。

■病院・クリニック
 代替医療と西洋医学とを有効に組み合せた「統合医療」を提唱する動きが
生まれています。西洋医学を基盤に置きながら、サプリメント、アロマテラ
ピー、カイロプラティック、温泉療法、音楽療法等を導入する医療機関が増
えています。また、混合診療原則解禁など、保険診療と併用した予防医療導
入の可能性が開けてきました。



http://www.lifestyle.co.jp/2009/08/2009_6.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所