家電の省エネ進化

ライフスタイル総合研究所



 家電の省エネ進化

投稿日:2009年12月16日 09:00

 冷蔵庫やエアコン、テレビといった政府のエコポイント制度の対象商品は
省エネの優等生といわれていて、消費電力は10年前と比べて半分近くに減り、
冷却能力などの機能も向上しています。

 冷蔵庫やエアコンの性能を左右するのは、熱を効率よく加えたり取り除い
たりする「ヒートポンプ」の技術によるところが大きく、空気中の熱を集め
て使うことで、エネルギーの利用効率を高めることが可能になりました。冷
媒をコンプレッサー(圧縮機)で押し縮めると熱い気体になり、これを外気
で冷ますと温かい液体に変わります。それを一気に膨張させると熱を奪って
気体になり、周囲の空気を冷やします。この冷気を冷蔵・冷凍や冷房に使い
ます。

 それまでのコンプレッサーはオンとオフの制御しかできず、一定の回転で
しか運転できませんでしたが、インバーターの登場で回転数を連続的に変え
ることができるようになり、コンプレッサーを効率よく動かすことが可能に
なりました。

 冷蔵庫の断熱材も進化を遂げています。今まではウレタン断熱材が使われ
ていましたが綿状の特殊ガラス繊維を真空状態で圧縮した「真空断熱材」の
開発により、断熱性は従来よりも10倍以上向上しました。冷気が外に逃げに
くいだけでなく、極薄な素材なので軽量化や容量拡大にも貢献しています。
エアコンでは1981年から東芝が初めてインバーターを採用し、今ではほと
んどのエアコンに使われています。効果として2000年までの10年間でヒート
ポンプの効率は2倍以上に伸びています。家庭用や産業用の空調、給湯をす
べてヒートポンプ式にすれば国内のCO2排出量を1億3千万?削減できる
との試算もあります。これは国内総排出量の約1割にあたります。

 一方、テレビの省エネ化への貢献が期待できるのが白熱電球の約1/10の
消費電力で済む発光ダイオード(LED)です。バックライトへの利用で画
質の向上と省エネ化が期待されています。ただ、省エネ技術が進んでも家電
製品の台数が伸びているため、逆に家庭の消費電力は増加していて、CO2
排出量を減らすにはいたってません。家庭内でCO2を減らす工夫はまだま
だ必要です。



http://www.lifestyle.co.jp/2009/12/post_372.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所