統合医療展 エイジングケア2010

ライフスタイル総合研究所



 統合医療展 エイジングケア2010

投稿日:2010年02月01日 09:00

 近年、医療従事者は、生活習慣病の予防・改善を目的とするヘルスケア事
業およびそのモデル構築に関心を示しています。又、消費者側からも生活習
慣病の増加、高齢化社会の到来を背景に、予防医療や抗加齢医療などの要望
が高まっています。

 「統合医療展」は、世界的に注目を集める相補・代替医療の分野を産業と
して捉えた総合展示会です。企業はクリニックや接骨・鍼灸などの治療院お
よび調剤薬局などの医療従事者に統合医療分野の商品、サービスを提案しま
す。一方、医師・歯科医師・薬剤師・整体師・セラピスト・医療コンサルタ
ントなどの医療従事者は、セミナーや企画展示を通じて、臨床現場における
さまざまな統合医療的アプローチを紹介します。

 今回はニーズの高まる“エイジングケア”にスポットをあて、本格始動す
る統合医療の全体像を紹介。医療機関と健康産業を展示会とセミナーで結ぶ
立体的なビジネスチャンスを提供します。

 統合医療とは、現代西洋医学とそれ以外の東洋医学や代替医療を個々の患
者に合わせて統合的に扱う医療のことです。人々の価値観が多様化し、病気
を生み出す要因も多岐にわたるようになって、生活習慣や社会環境全体にま
で視野に入れた新たな医療の取り組みが求められています。

 医療現場では、高齢化の進行のなかで疾病治療にとどまらず、疾病予防、
抗加齢までを含めた包括的な概念でとらえられていく傾向にあります。とり
わけ予防医療は医療政策のベクトルが「治療中心の医療から予防重視への医
療」へと転換される中で、ますます重要度を増しています。

■統合医療セミナー

・わが国における統合医療の将来
 東京大学名誉教授 渥美 和彦 氏
 欧米をはじめ、「補完・代替」「予防医療」への取り組みが世界的な潮流
にある中、わが国でも政権与党が医療費削減の対策として、「統合医療の普
及と推進」を政権公約に掲げている。いよいよ“統合医療の時代“が来たと
いう印象を感じる。本講演では、世界における統合医療が進展をみせるなか
で、日本が行うべき役割を提唱する。

・アーユルヴェーダ(生命学)の強壮学
 日本アーユルヴェーダ理事 クリシュナU. K.
 アーユルヴェーダは5000年以上の歴史を持つ医学体系。その始まりの時
から内科、外科等8部門に分類されており、老化現象を専門に解決する「強
壮学」もその1分野として独立している。外見だけでなく、内側から美しく
する様々な健康法、食事や生活法、アンチエイジングのハーブ等“アーユル
ヴェーダの強壮学”について紹介する。

・当院におけるがん統合医療について
 九段クリニック理事長 阿部 博幸 氏
 今日のがん治療では、従来の標準的治療に加え、第四の治療と言われる「
がん細胞免疫療法」や「樹状細胞がんワクチン」の治療に期待がもたれてい
る。その他、温熱療法や高濃度ビタミンC点滴療法、サプリメントの使用な
ども話題となっている。今回は当院における「がん統合医療の実際」につい
て紹介する。

・ホメオパシーと気功 他力と自力の統合
 帯津三敬病院名誉院長 帯津 良一 氏
 21世紀はいのちの時代。焦点はからだからいのちへと転回する。医学はエ
ネルギー医学へ、養生は日々生命場のエネルギーを高め続ける攻めの養生へ
と向かう。なかでもホメオパシーと気功が車の両輪。共通項は他力と自力の
統合。これはホリスティック医学の究極である生と死の統合へ到達する道で
もある。ホリスティック医学の原点について語る。

・統合医療とプラセンタ療法
 吉田クリニック院長 吉田 健太郎 氏
 吉田クリニックは漢方を中心に体にやさしくかつ効果の出る治療を目指す
統合医療機関である。一般漢方に加え、海の漢方、森の漢方、牧場の漢方、
注射の漢方を取りそろえ、多様化した疾病や患者さんの要求に答えている。
本講演では、その中でも最も効果が期待でき、人気のあるプラセンタ療法を
中心に当クリニックの統合医療について説明する。

・統合医療的診断と治療の方法論
 丹羽クリニック院長 丹羽 正幸 氏
 人間の身体は複雑であり、病気もより複雑な要素を有する。従って人間の
身体を治すには、その複雑な要素に対処可能な「統合医療」の診断と治療が
必要である。本講演では、開業して21年間で4万人以上に及ぶ臨床例をもと
に、統合医療的診断と方法論について解説する。またガン、アトピー性皮膚
炎、生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症)等の治療を例に挙げ、各種療
法が果たす役割と有効な応用法について述べる。

■統合医療展 エイジングケア2010(第6回)

日 時:2010年2月9日(火曜日)10日(水曜日)10:00-18:00

会 場:東京ビッグサイト 西4ホール

入場料:3,000円(税込み)※事前登録者は無料
    登録はこちら → http://www.togo-iryo.jp/

主 催:UBMメディア株式会社

同時開催:メディケアフーズ展



http://www.lifestyle.co.jp/2010/02/2010.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所