「水素の可能性」2

ライフスタイル総合研究所



 「水素の可能性」2

投稿日:2010年03月02日 09:00

「水素の可能性」

3.薬では治せない万病の元、活性酸素
次に第二の条件、活性酸素による細胞の酸化に対しても、マイナス水素イオン(H-)による電子「e-」の供給によって解決できます。
誰でも中高年になると、活性酸素を抑える力は衰えてきます。
その結果、活性酸素が毎日少しずつ細胞内を酸化していきます。
そのためATPの産生力が減る→栄養成分を代謝する活性の低下→細胞・組織内での糖や脂肪の蓄積→糖尿病・高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病へとつながっていきます。
代謝活性の低下によって、ただ単に糖や脂肪が細胞・組織内に蓄積されるだけでなく、より問題なのはそこに再び活性酸素が結びつき、「酸化糖」として糖尿病の合併症に「酸化脂質(酸化LDL)」として動脈硬化などを形成していくことにあります。
つまり、活性酸素による細胞内の酸化(損傷)は細胞内での代謝障害を招き、その代謝しきれない糖や脂肪を更に酸化して、薬では治せない症状や慢性病の原因になります。

ここでも、大部分のATP産生力を支えているのがマイナス水素イオン(H-)という原点に立ちかえってみると、ATPの産生力が向上→栄養成分を代謝する活性が向上→細胞・組織内に蓄積した糖や脂肪の解消・・・・という好循環になります。その上「マイナス水素イオン(H-)を発生するサンゴ微粉末」の持つ大量の電子「e-」が供給されると活性酵素をダイレクトに還元して、その酸化力を無害化できます。その結果、
細胞内の酸化(損傷)を抑えることになり、多くの慢性病も改善できることになります。
                                     >>続く

製法特許(第4218939号)「マイナス水素イオンを発生するサンゴ微粉末」
の効用について、及川胤昭氏、内藤真礼生氏の著書「水素の可能性」より。

及川胤昭(オイカワタネアキ)
名古屋大学大学院卒業、理学博士。
妻をガンで亡くした事をきっかけに還元水の研究を始める。
専門は生殖免疫学。

内藤真礼生(ナイトウマレオ)
慶應義塾大学医学部卒業。医師、医学博士。
1999年より長女のアトピーに端を発して漢方医学を研究し、
2001年に漢方専門外来を設立。
2006年10月より水素の臨床経験について研究を始める。

製法特許(第4218939号)に基づいて製造された「おはよう水素」のサンプルを先着50名様に差し上げます。
お申し込みはライフスタイル総合研究所03-3449-1021、E-mail:lsrd@nifty.comまでご連絡ください。

◆「マイナス水素イオンの時代到来!」
 水素サミット2010 次世代の健康・美容素材「水素」に脚光
             創造的生物工学研究所 理学博士 及川胤昭 氏
 
なぜ今、マイナス水素イオンなのか?製造特許を取得した「食べるマイ
ナス水素イオン」の開発者が、水素ガスとイオンの違いについて解説し
ます。 基礎及び臨床研究についても報告します。

日 時:2010年3月18日(木曜日)14:00-14:40
会 場:「健康博覧会2010」東京ビッグサイト 東6ホール D会場
聴講料:無料
申込先:UBMメディア事務局
電 話:03-5296-1025 
http://www.this.ne.jp/



http://www.lifestyle.co.jp/2010/03/post_156.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所