グリーン・ムーブメント

ライフスタイル総合研究所



 グリーン・ムーブメント

投稿日:2010年04月05日 09:00

 米国で地球環境や農業を見直す「グリーン・ムーブメント」が広がってい
ます。金融危機をきっかけに、過剰に消費するライフスタイルから、生活の
足もとを見つめ直すという風潮に社会が回帰してきました。米国にとって新
たな価値を見いだす年になりそうです。

 まず、米国の若者の間で急速に広がり始めているのが農業回帰です。食の
安全性や環境サステナビリティ(持続可能性)に関心が高まり、自分の手で
畑を開墾し野菜を作る若者の農家があちこちに出現してきました。

 農家起業を支援する非営利組織も誕生し、農業や畜産を始めたいという初
心者を対象に、実際の農業の手引きから土地の借り方、資金調達の方法まで
を丁寧に指導したり、実験農場を提供するなど農業を目指す若者を積極的に
支援しています。

 若者たちが立ち上げるのは、耕作地がわずか2?前後の零細農家ですが、
農薬などを使わないオーガニック生産や地元産という新たな価値を売り物に
する手法で注目を集めています。

 一方、オバマ大統領のミッシェル夫人は、ホワイトハウス南側の広大な芝
生庭園の隅に約100平方?程の家庭菜園を作りました。肥満と生活習慣病の
急増といった社会問題の根本的な改善策として、栄養価の高い野菜や果物を
主とした食事の大切さを米国民、特に子供たちに教える食育を目的としてい
ます。

 又、昨年9月から毎週木曜日にホワイトハウス北側の一区画を閉鎖してフ
リーマーケットを開催、ミッシェル夫人が買い物をするなどPRしています。
その効果として、全米各地で開催されるファーマーズマーケットの総数は70
%近くも増え、家庭菜園の普及や野菜の種の売れ行きも増加傾向で、有機栽
培食品の販売も堅調です。

 環境都市を目指すシカゴでは、温暖化ガスの大部分は市内のビル群が排出
しているということから、民間と協力して2020年までに40万棟の建築物をグ
リーン化する計画です。全米で最も高いシカゴの110階建のウィルス(旧シ
アーズ)タワーが約5年かけてグリーン高層ビルへの改修を始めます。

 ひとつはサステナビリティーの向上で、8カ所ある屋上スペースにソーラ
ーパネルを設置するのとビルに吹き付ける強風を利用して風力タービンによ
る電力の供給を行うことです。ヒートアイランド対策としては屋上緑化を進
め、セダムを使った屋上庭園を造ります。

 もう一つは老朽化したビルのエネルギー効率の向上です。建設後40年近く
経たビルは最新のビルに比べてエネルギー消費の無駄が多いため、16000あ
る窓の全てを取り替えて暖房エネルギーの効率を50%上げるほか、給水シス
テムの最新化により年間1億?近い節水の実現を目指しています。

 今年の米国はグリーン・ムーブメントの動きが活発になりそうです。



http://www.lifestyle.co.jp/2010/04/post_401.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所