酵素食でダイエット効果も!

ライフスタイル総合研究所



 酵素食でダイエット効果も!

投稿日:2010年06月08日 09:00

酵素食でダイエット効果も!

半断食B:果物・生野菜タイプ

朝食:
果物1種類(例/リンゴ1個など。)
生野菜3-4種類(例/トマト1個+サニーレタス1枚+キュウリ1本など)
ドレッシング(しょう油小さじ1、フラックスオイル小さじ1)
ブラックジンガーティー(ブラックジンガーに熱湯を注いだもの)又はギャバ
200ティー(ギャバ200に熱湯を注いだもの)

昼食:ブラックジンガーティー(梅干し1個入り)又はギャバ200ティー(梅干し
1個入り)

夕食:生野菜少々とダイコン・ショウガおろし(ダイコン8cm程度、ショウガ3
cm程度をすりおろしたもの、ドレッシングは朝と同じ)

朝食には果物と生野菜、昼はブラックジンガーティーのみ、夕食は野菜少々
とダイコンおろしとショウガおろしを摂るタイプです。

果物は旬のもの選ぶようにしましょう。
またリンゴやナシなどは、皮ごと食べたほうが栄養豊富です。

そのままカットフルーツにして食べてもいいのですが、胃腸に負担をかけない
ように、すりおろしたり、ジュースにしてもいいでしょう。
ただしすりおろす場合は、酸化を防ぐ意味で、すぐに食べてください。

生野菜も、旬のものを取るのがポイントです。

中でも特に意識して摂っていただきたいのは、トマトです。
トマトに含まれるリコピンというファイトケミカルは、大腸ガンや腎臓ガン、前
立腺ガン、子宮ガン、卵巣ガン、膀胱ガンなどの下半身のガン予防に効果
があることがわかっています。

キュウリも抗ガン効果が高く、1日1本は食べたい野菜です。キャベツには胃
腸の調子をよくするキャベジン(ビタミンU)が豊富に含まれるので、おすすめ
です。

BタイプはAタイプに比べると、甘みのある果物が摂れるので、少し食べたと
いう満足感が高いかもしれません。
果物にはビタミン、ミネラルはもちろん、ファイトケミカルも豊富で、半断食中に最適の食材のひとつです。リンゴやモモ、バナナなどは食物繊維が豊富なので、便の排泄を促進する効果
も期待できます。

便秘気味の人などは、意識して摂るといいでしょう。このタイプも昼はブラックジンガーのみです。
夕食は生野菜少々に、Aコースで出てきたダイコンとショウガおろしを食べまし
ょう。

野菜や果物の種類を変えることでバリエーションがつくので、2?3日続けて
もあまり飽きがこないコースだと思います。

鶴見クリニック院長 鶴見隆史氏著書「酵素が病気にならない体をつくる!」
より



http://www.lifestyle.co.jp/2010/06/post_389.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所