能について

ライフスタイル総合研究所



 能について

投稿日:2010年09月10日 09:00

■能
 能楽堂で演じられるいろいろな「能」をご覧になったり、あるいは、テレ
ビで観ていらっしゃる方は多いと思います。能には、
・能面、能装束などの美術的側面
・謡の旋律や囃子のリズムなどの音楽的側面
・舞や歩みなどによって醸し出される優美、もしくは力強い表現的側面
・謡の文章、劇構成などの文学・哲学・歴史的側面
など、さまざまな楽しみが見出されます。まさに「総合芸術」といってよい
でしょう。国際的にも高く評価されており、世界の無形文化遺産の傑作とし
ていち早く認定されました。

■謡と仕舞
 室町時代に世阿弥によって大成された能楽は、戦国大名にも好まれ、さら
に江戸時代には、幕府によって式楽として定められました。ですから、謡と
仕舞が武士には必修であったことはご存知かと思います。それだけでなく、
町なかの寺子屋でも庶民に広く謡が教えられていたのです。今でいう音楽・
古典・歴史が学べたのですね。江戸時代は出版文化が花開いた時期。謡本は
江戸時代を通じてのロング・アンド・ベストセラーだったのです。人形浄瑠
璃、歌舞伎をはじめ、俳句、読み本などに多大な影響を与えました。

黒澤明生誕100年祭 IN 北杜市 薪能 「マクベス」

 喜多六平太、梅若万三郎、桜間金太郎という当時の名人の舞台に接した黒
澤明監督は、もとより能への造詣が深かった。それは黒澤作品の随所に光る。
生誕100年。能の技法を駆使した「蜘蛛巣城」と同じテーマの、「マクベス」
の上演である。能の枠内できちっと演じられる辰巳満次郎の新作能は、監督
の意思にも添うのであろう。

 映画「影武者」で隆大介扮する信長は、「さすがは信玄。死してなお三年
の間、よくぞこの信長をたばかった」と「人間五十年」を舞う。織田信長桶
狭間出陣に際しての「人間五十年」が、玄祥梅若六郎の節付け、梅若晋矢演
により新たな謡、舞としてよみがえる。そして参会の皆さんに謡を習得して
いただく。映像「能の美」。中尊寺で撮影された故喜多節世の「八島」のみ
現存し、この催しで初めて公開される。昭和58年、年内公開が予定されなが
ら果たせなかった黒澤明監督の夢の追慕である。
                        能楽評論家 増田正造



http://www.lifestyle.co.jp/2010/09/post_441.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所