もの忘れセンター

ライフスタイル総合研究所



 もの忘れセンター

投稿日:2010年10月08日 09:00

 愛知県大府市の国立長寿医療研究センターに「もの忘れセンター」(鳥羽
研二センター長)が2010.09.21にオープンしました。認知症を専門に診断か
ら治療、ケアまで総合的に扱う「認知症疾患センター」としては「国内最大
の体制」(鳥羽センター長)で世界的にも珍しい施設です。

 磁気共鳴画像化装置(MRI)3台など最新の脳診断装置を備え老年科や
神経内科、精神神経科、脳神経外科などの14人の専門医がチームで診断と治
療に当たり、家族の相談への対応も充実させます。鳥羽センター長は「認知
症と言うと抵抗があるので『もの忘れ』と名付けましたので気軽に利用して
欲しい」と話しています。

 当初は外来のみですが2011.04には30床の入院施設も整え、徘徊(はいか
い)などの症状があり身体合併症のある患者を受け入れる予定です。外来は
月曜日から金曜日で完全予約制になります。問い合わせは国立長寿医療研究セ
ンター(電話0562-46-2311)までご連絡ください。

 もの忘れが気になる方に噛むサプリメント「α-GPCガム」のサンプル
を差し上げます。お申し込みはライフスタイル総合研究所03-3449-1021まで
郵便番号、住所、お名前、電話番号をご連絡ください。
http://www.lifestyle.jp/gpcgum.htm



http://www.lifestyle.co.jp/2010/10/post_448.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所