めかぶフコイダンでインフル抗体増

ライフスタイル総合研究所



 めかぶフコイダンでインフル抗体増

投稿日:2010年12月01日 13:12

 メカブの粘り成分「フコイダン」がインフルエンザワクチンの効果を高め
ると、ヒトを対象にした理研ビタミン、豊中愛和会、武庫川女子大国際健康
開発研究所の共同研究で分かり、神戸市で開かれた国際免疫学会で発表され
ました。フコイダンは、メカブのほかワカメやコンブなどに含まれる粘り成
分の一つで、特有のヌルヌルが海草本体を守り、海中から引き揚げられた際
などに乾燥を防ぎます。これまで、抗酸化作用や抗がん作用、抗ウイルス作
用などが動物実験で確認されていました。

 共同研究では、67歳から102歳(平均年齢87歳)の男女67人を2グループ
に分け、一方のグループにメカブフコダインを、他方には疑似を、1日当た
りそれぞれ300ミリグラム摂取させました。

 摂取開始から1カ月後、3種混合季節性インフルエンザワクチンを接種し、
さらにその1カ月後には、感染予防に重要な役割を果たす抗体がどの程度で
きているかを測定しました。その結果、メカブフコイダンを摂取したグルー
プは、疑似のグループに比べ、A香港型(H3N2)、B型、Aソ連型(H1N1)
の3種ともに、顕著に抗体の増加が見られたそうです。

 めかぶ糖鎖フコイダンドリンク「ライフスティック」のサンプルを差し上
げます。お申し込みはライフスタイル総合研究所まで郵便番号、住所、お名
前をご連絡ください。

E-mail:lsrd@nifty.com
http://www.lifestyle.jp/fco_life.htm



http://www.lifestyle.co.jp/2010/12/post_438.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所