もしも被爆したら…

ライフスタイル総合研究所



 もしも被爆したら…

投稿日:2011年03月30日 09:00

 1945年8月9日、長崎に原爆が投下されました。その爆心地から、たった
1.8kmのところで、当時聖フランシスコ病院医長であった秋月辰一郎博士と
病院関係者は全員被爆しました。博士は、次のように職員に命令したと言い
ます。「爆弾を受けた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるん
だ。塩からい味噌汁を作って毎日食べさせろ。」(秋月辰一郎著「死の同心
円?長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

 「放射線宿酔」と呼ばれる、レントゲンを受けた後に起こることがある全
身の倦怠や頭痛などの症状には、体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を
含んだ水を飲むと良いということをとっさに思い出し、原爆の放射能から体
をガードするには、塩が有効であると考たのでしょう。みそ汁の具はカボチ
ャ、わかめを多く取ったようです。塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力
を与えるという、彼自身の食養医学によってです。

 すると、そのとき患者の救助にあたったスタッフに原爆症の症状は出なか
ったのです。博士は人間の体質にとって、味噌が実に大切であると説いてい
ます。博士は、「体質医学」の大切さを主張し、次のように言っています。
「それは、人間の体質を作り変えることが医学の本然の姿であるという信念
による。人間の体質を作り変えて、病気にかからなくてすむ身体、また病気
にかかっても軽くて治る身体になることである。また、慢性疾患に罹患して
いても、体質を変えていつの間にか病気が離れる身体になる、この医学であ
る。」

 そう言えば、病院の放射線検査の前の日に昆布茶を飲むように言われたこ
とがありますので、海藻のヨードは放射線を除染できるのではないかと思い
ます。そして玄米、味噌、海藻などヨードを含む食品からなる伝統的日本食
を取ると免疫力が高まり、体内の毒物を排出することができるようです。

 原爆で被爆しても原爆症が出なかった人たち  

http://otsukako.livedoor.biz/archives/30327358.html



http://www.lifestyle.co.jp/2011/03/post_500.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所