ヒートショック

ライフスタイル総合研究所



 ヒートショック

投稿日:2012年02月02日 09:00

 入浴中に急死する人の数は年間約14000人、そのうち65歳以上の高齢者は
約11000人です。高齢者が冬に気をつけなければいけないのは、急激な温度
変化に伴って起きる体調不良のヒートショックです。入浴時に血圧が乱高下
して意識障害や心筋梗塞などを引き起こし、溺死や転倒につながるケースも
少なくありません。入浴中の急死のほぼ半数が12月から2月にかけての3ヶ
月に起きています。

 冬の暖房が効いた部屋から出て、寒い脱衣所で服を脱ぐと体温が一気に下
がります。体温を調節するために血管が収縮し、血圧や脈拍が上がるため特
に血圧が高い高齢者の場合、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性があります。
特に危険なのが湯船につかる瞬間で、寒い浴室から急に熱い湯に入ると今度
は血管が拡張し血圧が下がります。高血圧の人は体の調整機能が過剰に働い
てしまい、血圧の下降幅が大きくなってしまいます。こうなると脳の血流量
が減って意識障害が起こり、浴室で転倒したり、溺れたりしやすくなります。

 お湯の温度も42度以上ではリスクが高くなりますので、41度以下のぬるめ
を保つようにして、湯船につかる前には心臓から離れた手や足から順番にお
湯をかけていき徐々に体を温めていきます。また、冬は比較的暖かい日没前
に入浴したり、桐の住宅内装材(http://www.lifestyle.jp/kirigoods.htm)
によるリフォームで家の気密性を上げたりして、部屋ごとの温度差を3度以
下に保つサーモフリーを目指すことが理想です。

 血圧が高い人や太り気味の人、飲酒量が多い人は気をつけた方がいいよう
です。特に極度の肥満の人は皮下脂肪が多く、体温調整が苦手なので、危険
性が高くなります。ヒートショックを起こしやすい人の特徴は1.に熱い風呂
が好き2.に一番風呂に入ることが多い3.に自宅の浴室に暖房設備が無い4.に
肥満気味である5.に高血圧、糖尿病、動脈硬化の持病がある6.に65歳以上で
ある、などですので該当する方は注意しましょう。



http://www.lifestyle.co.jp/2012/02/post_562.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所