住まいの省エネ化

ライフスタイル総合研究所



 住まいの省エネ化

投稿日:2012年05月31日 09:00

 東日本大震災をきっかけに住まいの安全性や耐震性だけでなく、計画停電
や節電の呼びかけなど省エネ性の関心が高まっています。省エネ性の高い家
で暮らすことは、冷暖房効果が良くなるため光熱費を抑えることができ、春
夏秋冬と四季を通じて快適な室内環境を得やすくなります。冬場の例では、
局所的に冷える部屋が無くなるため、寒暖の差によるヒートショックの恐れ
が少なくなり、住まい手の健康維持にも貢献しますので、様々なメリットが
考えられます。

 省エネ向上のためには壁、床、天井、窓といった外気に触れる部分の断熱
をしっかり行うことが大切です。古い家は断熱が低い家も多いので、断熱材
を外部に接する壁や床下、屋根裏など必要な箇所に隙間無く敷き込むことや
高断熱の窓ガラスに交換すると省エネ性が高まります。戸建て住宅で壁の面
積の約1/3を占めるのが開口部です。開口部は熱の出入りが一番大きな比
率を占めていて、夏は外から入ってくる熱のなんと71%、逆に冬は48%もの
熱が外へ逃げ出しています。開口部の遮熱、断熱性を上げると、より少ない
冷暖房のエネルギーで夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごせるようになりま
す。

 国も住まいの省エネ化に力を入れていて、「復興支援・住宅エコポイント
制度」を設け、床・外壁・天井や窓などの断熱化を行った場合にエコポイン
トを発行しています。省エネ改修と同時ならバリアフリー改修や太陽光発電、
節水型トイレ、高断熱浴槽の設置などもポイントがもらえます。省エネ改修
や耐震改修は目に見えず分かりにくいですが、住環境の質や安全性を向上さ
せることができます。

 ライフスタイル総合研究所では、無農薬で植林した断熱効果の高い桐住宅
内装材や桐製品を扱っておりますのでリフォームなどの際には是非ご相談く
ださい。東京:03-3449-1021、名古屋:052-732-1678

桐の植林からつくる健康住宅!「桐エコロジーリフォーム」
http://www.lifestyle.jp/kiri_jutaku.htm



http://www.lifestyle.co.jp/2012/05/post_548.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所