奉納 第二十二回「八ヶ岳薪能」

ライフスタイル総合研究所



 奉納 第二十二回「八ヶ岳薪能」

投稿日:2012年07月27日 09:00

■能 俊寛 しゅんかん 観世清和

 平家打倒のクーデター計画が漏れ、鬼界島に流された三人。硫黄の燃える
鬼が済むような薩摩潟の孤島である。首謀者の息子である丹波少尉成経と、
平判官康頼は、信心する熊野の神々を祀って帰国の祈願に余念がない。僧で
ありながら俊寛は、それを白眼視して加わろうとしない。

 平清盛は、娘の徳子を天皇家にいれ、ひたすら皇子誕生を祈っている。懐
妊の中宮も、平家への怨念が災いして安産もおぼつかない。清盛はさまざま
な特赦を命じ、鬼界島にも赦免の使いがたつ。

 車座になって身の上を嘆き、人間らしい心を持てるのも限界かというとこ
ろに、赦免状がもたらされる。しかし、俊寛ひとり、名前がなかった。傲岸
な人間が、極限状態でいかにくずおれていくか。

 歌舞伎の俊寛は、少将の現地妻を舟に乗せるため、赦免使いの1人を切っ
てまで自らの意思で島に残るのだが、「思い切って凡夫心」と、去りゆく舟
に激しい演技を見せる。能の抑制された演技が、この悲劇をいかに深くえぐ
るか。観世宗家の心理劇に、期待の集まるところである。

■狂言 柑子 こうじ 野村萬斎

 酒宴の土産にみごとな三つ成りの柑子を貰った主人。しかしすでに蜜柑は
供をしていた太郎冠者の腹の中へ納まっている。

 言葉の洒落で主人を言いくるめようと太郎冠者。槍の穂先に結び付けて帰
る途中、ひとつが落ちてころがったのを、「好事(柑子)門を出ず」と呼びか
けるなど、話術の面白さに賭けられた狂言である。しかも、最後のひとつの
言い訳に、なんと俊寛が引き合いに出され、平家の根拠地、六波羅を「腹」
に言いかける。

 なお三つ成り果実はめでたいものとされた。野村萬斎の洒脱な演技を楽し
む、この日の能と照応する選曲。

■能 船弁慶 ふなべんけい 坂口貴信 清水義也

 かつての武勲はどこへやら、都落ちの義経一行。西国の船宿に着く。見え
隠れに後を慕う静。この危急の時にふさわしからずと、義経に諫言した弁慶
は、静に都へ戻るよう説得するが、静は譲らない。義経直々の言葉に、静は
けなげにも別れの宴に立って舞う。静は白拍子、当時随一の舞姫であった。

 平穏に見えた船旅も、たちまち嵐となり、平家の怨霊が襲いかかる。能で
は大人のはずの義経を、子方に演じさせる習いである。凛然と響くボーイソ
プラノの効果もある。

 今年の八ヶ岳の主張は、内弟子として観世宗家の育て上げた俊英の競演に
ある。平知盛の亡霊に清水義也、静に坂口貴信。「俊寛」のツレの角幸ニ郎、
木月宣行。弁慶は福王流の若宗家、福王和幸。大役の船頭に野村萬斎。若い
気迫の火花が散る。

 なお、「俊寛」も「船弁慶」も同じ舟の作り物が出る。能の演出の「静」
と「動」を対比させる、これも今年の狙いである。

◆奉納  第22回「八ヶ岳薪能」

 神事  清祓の儀 宮司 坂田安儀
 解説  能楽評論家   増田正造
 能   俊寛      観世清和
 狂言  柑子      野村萬斎
 神事  篝火点火の儀  神  職
 能   船弁慶     坂口貴信 清水義也

 日 時:平成24年8月3日(金曜日)開場 15:30 開演 16:30

 協賛金:一万円(全席指定)

 会 場:身曾岐神社 能楽殿    0551-36-3000
     山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3401 
     JR中央線→小淵沢駅下車(タクシー5分)
     中央自動車道→小淵沢I.C.より車で5分

 申込先:八ヶ岳薪能実行委員会 03-3568-3229
     http://www.misogi.jp/takiginoh.html



http://www.lifestyle.co.jp/2012/07/post_588.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所