NPO法人鶴見酵素栄養学協会「第十三回講演会」

ライフスタイル総合研究所



 NPO法人鶴見酵素栄養学協会「第十三回講演会」

投稿日:2012年11月20日 09:00

◆第一部 「放射線パラダイムの変革」
     元電力中央研究所名誉特別顧問
     一般社団法人ホルミシス臨床研究会理事 服部禎夫氏

 電力中央研究所原子力部長時代、米国ミズーリ大学生命科学のトーマス・
D・ラッキー博士の「放射線ホルミシス」論文に接し、これはなにごとだと
米国に手紙を書いたことが契機で、日本における放射線ホルミシス検証のた
めの動物実験プロジェクトがスタート。

◆第二部 「病は、新しい人生の扉を開く鍵」
     セラピスト・カウンセラー
     東海ホリスティック医学振興会顧問 岡部明美氏

 脳腫瘍と水頭症を発症するも、開頭手術により九死に一生を得る。自力で
の飲食、排泄、歩行困難な状況から奇跡的に回復。3年後に再発するも代替
医療、自然療法、自助療法を実践し、様々なワークショップ、セラピー、ボ
ディワーク、ヒーリング、瞑想などを体験し健康を回復する。意識の変容が
“治癒への鍵”であることを知り、学んだ各種のメソッドを生かして、自分
のいのちを輝かせて生きたいと、心から思っている方々をサポートする活動
をしている。

◆第三部 「体に良いホルミシス」
     NPO法人鶴見酵素栄養学協会理事長
     鶴見クリニック院長 鶴見隆史医師

 金沢医大卒業後、浜松医大で研修勤務。西洋医療にあきたらず、東洋医療
も学ぶ。主に漢方(中医学)、鍼灸・気功。この頃、酵素栄養学を独自に勉
強。診察に一人一人時間をかけ、徹底的に本質から治す方法(ファスティン
グ・栄養指導・サプリメント指導・ホルミシス他)にて治療を行って成果を
あげている。特に栄養指導は酵素栄養学によるもので難病、その他に高い効
果がある。

開催日:2012年11月25日(日曜日)13:00-17:30(開場12:30)
会  場:品川フロントビル会議室
     東京都港区港南2-3-13
     03-5463-9957
参加費:会員2,500円、一般3,000円
主  催:NPO法人鶴見酵素栄養学協会
申込先:NPO法人鶴見酵素栄養学協会 賛助会員
     ライフスタイル総合研究所 依田
電  話:03-3449-1021 E-mail:lsrd@nifty.com



http://www.lifestyle.co.jp/2012/11/post_608.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所