ガレキを活かす森の長城プロジェクト

ライフスタイル総合研究所



 ガレキを活かす森の長城プロジェクト

投稿日:2012年11月29日 15:45

 国会に「いのちを守る平成の森づくり推進議員連盟」が設立されました。
設立時点でツルネン・マルテイさんを始め36名の超党派衆参議員が入会して
います。2012年11月14日の設立総会では、昨年の東日本大震災による津波で
被災した東日本の海岸沿いに、長さ300kmの「森の長城」(防潮堤)をつく
るプロジェクトが紹介され、議員連盟としてその運動を応援することが確認
されました。総会には平野達男復興大臣も出席し、政府がこのプロジェクト
を全面的にバックアップすることを約束しました。

 このプロジェクトは一般財団法人「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」
により進められている事業で、財団の理事長は元総理大臣の細川護煕氏、副
理事長は横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏です。宮脇氏は今まで国内外の
1700カ所以上で4000万本を超える植樹を指導してきた森づくりのプロであり、

このプロジェクトの提案者です。このプロジェクトでは、その土地本来の木
を植えるというのも一つのポイントです。東日本大震災後の調査では、古来
からその土地で育ってきた「土地本来の木」が津波に耐えて生き残っている
ことが確認されています。津波に耐える木は、引き潮で人や車が流されるの
を食い止めることができます。

 「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」は一般市民の寄付で森を創ってい
きます。500円で1本のポット苗を植えることができます。詳しくは財団の
ホームページをご覧ください。
URL:greatforestwall.com



http://www.lifestyle.co.jp/2012/11/post_613.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所