奉納 第二十三回「八ヶ岳薪能」

ライフスタイル総合研究所



 奉納 第二十三回「八ヶ岳薪能」

投稿日:2013年07月25日 11:30

■能 井筒 いづつ

 今年は能の大成者世阿弥の生誕六百五十年に当たる。父観阿弥と共に日本
の文化に演劇を加えた偉人である。それを記念して今年の八ヶ岳薪能には、
世阿弥最高傑作の「井筒」を艶麗無比の金剛永謹宗家にお願いした。先年梅
若六郎(玄祥)師の例もあるが、このような静かな中に深い味わいを秘めた
能が野外能に選ばれるのは、観客の方々の高い感性を信じてのことである。

 『伊勢物語』の「筒井筒 井筒にかけし まろがたけ 生ひにけらしな 
妹見ざる間に」という在原兼平のプロポーズの歌。「比べこし 振り分け髪
も 肩過ぎぬ 君ならずして 誰かあぐべき」という井筒の女の返し。井戸
のほとりの幼な恋は美しい夫婦と結ばれるが、夫の新しい愛人関係の危機も
妻の純情さによって回避される。

 能はあの世から愛のすべてを回想する「夢幻能」と呼ばれる手法を完成す
ることによって、何百年経ってもあせることのない慕情の美しさを詩劇とし
て舞台に結晶させた。旅の僧の夢の中の幻想の美しさ。まさに能だけが描き
うる世界である。

■狂言 蝸牛 かぎゅう

 長寿めでたい祖父に、さらに薬になるカタツムリを献じようと、主人はそ
れを太郎冠者に命ずる。カタツムリを知らぬ太郎冠者は、藪の中で寝ている
山伏をそう思い込んでしまう。面白がった山伏は、囃子物にのせて連れて行
けという。「雨も風も吹かぬに。出ざ(角を出さないならば)カマ(殻)打
ち割ろう。でんでんむしむし。でんでんむしむし」。観客もいつの間にかそ
のノリの楽しさに乗せられてしまう。

 外国公演でも人気の高い演目である。なお今日の「ノリ」という言葉の元
祖は能と狂言である。古格の骨法を守る善竹十郎父子のチームワークに期待
される。

■能 土蜘蛛 つちぐも

 平安朝の暗い夜。武勇の誉れ高い源ョ光も、なにとも原因のわからぬ病に
伏している。侍女の胡蝶が薬を届けて、病は苦しいが必ず療治で治るからと
励ます。

 やがて橋ガカリに怪しい僧の姿が浮かぶ。するすると近より、いきなり蜘
蛛の巣を投げかける。病は蜘蛛の妖怪の呪いであった。重態とはいえさすが
にョ光、枕元にあった源氏重代の剣を抜きはなって応戦し、手傷を負ったま
ま妖怪の姿は消える。駆けつけた独り武者にョ光は事件を語り、独り武者は、
血の跡をたどって土蜘蛛退治にと前段が終わる。

 後の場面は大和の葛城山。武装した武者達の襲撃。土蜘蛛の精魂は、千筋
の糸を繰りかけ応戦するが、ついに首打ち落とされて終わる。大和朝廷の全
国制覇で滅ぼされた先住穴居民族、土蜘蛛族のクーデターとも解釈されるが、
華麗な舞台展開にまず目が奪われる。

 白い何千本もの細い虹のようにひろがる蜘蛛の糸は、まさに放物線の美学。
これは明治の頃の金剛流の発明である。昔は線香を芯にして作り、ヒモカワ
のような太い糸がフワフワと伸びたものという。金剛流を支える廣田幸稔師
をシテに、金剛宗家嗣子の金剛龍謹師がョ光をつきあう。ワキは気鋭の宝生
欣哉。囃子方も俊英揃い。すべて八ヶ岳薪能の贅である。

                       能楽評論家 増田正造氏

◆奉納  第23回「八ヶ岳薪能」

 神事  清祓の儀 宮司 坂田安儀
 解説  能楽評論家   増田正造
 能   井筒      金剛永謹
 狂言  蝸牛      善竹十郎
 神事  篝火点火の儀  神  職
 能   土蜘蛛     廣田幸稔 金剛龍謹

 日 時:平成25年8月3日(土曜日)開場15:30
     開演16:30-19:40頃終演予定
 会 場:身曾岐神社 能楽殿
     山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3401
     0551-36-3000
     JR中央線→小淵沢駅下車(タクシー5分)
     中央自動車道→小淵沢I.C.より車で5分
 協賛金:一万円(全席指定)
 申込先:八ヶ岳薪能実行委員会 03-3568-3229
     http://www.misogi.jp/takiginoh.html



http://www.lifestyle.co.jp/2013/07/post_654.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所