うしろの正面「スーパーラット」

ライフスタイル総合研究所



 うしろの正面「スーパーラット」

投稿日:2013年09月24日 15:00

ここ数年、殺鼠(さっそ)剤をいくら使ってもなかなか死なないスーパーラ
ットが急増しています。同じような薬剤を使い続けてきた結果、抵抗力を持
ってしまいました。海外ではこうしたスーパーラットが原因の新たな感染症
も報告されていて、健康への影響が懸念されるようになってきました。

国内で繁殖するスーパーラットのほとんどはクマネズミです。都心のクマネ
ズミは、殺鼠剤をなかなか食べず、食べても抵抗性があって効きません。ま
た、警戒心が強くて、罠にもかかりにくくなっています。ネズミは約2カ月
で成獣になります。人間に追いかけられながら、淘汰を繰り返し、進化した
のがスーパーラット化した都会のクマネズミです。

スーパーラットはペストをはじめ、ウィルスや細菌、毒素といった様々な病
原体を持っています。米国や南米諸国ではラットの尿や唾液が人の傷口から
入り、致死率約60%の感染症「ハンタウイルス肺症候群」にかかる例もあり
ます。室内に侵入して配線などを食いちぎると、最悪の場合、火災を引き起
こすことがあります。お隣の中国でも駆除薬の誤った使用によってネズミの
耐性がどんどん強くなって、ネズミが媒介したウイルスで、死者の相次ぐ事
態が起きています。

高齢者が独りで住む一軒家が多くなり、ネズミの住み着く環境が増えていま
す。効果的な防除方法が確立されていないので、進化するスーパーラットに
自治体も専門家も手を焼いているのが現状です。退治で大切なのは、食物を
与えない、巣の材料となる紙類を捨てる、部屋を整理整頓して巣の場所を与
えず、すき間を塞ぐといった、巣を作らせないといった基本的な環境づくり
が一番のようです。



http://www.lifestyle.co.jp/2013/09/post_664.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所