100年住宅達成のために

ライフスタイル総合研究所



 100年住宅達成のために

投稿日:2013年10月31日 17:00

国と有識者と行政と建築業界トップの方々に、現場で働く者として、少し
でも理解をしていただきたいという思いで「現場の実態」「職人の意識」
「住宅の見えない箇所」の問題を提起してきました。

欠陥・違法の問題が起こる度に国は法規を改正しますが、問題は再発して
います。隠れた箇所に起こる違法建築はハウスメーカーのような組織であっ
ても問題が起こっています。今までのような解決策では欠陥・違法建築は絶
えることがありません。これからは上の目線で解決策を構じるのではなく、
下の目線(現場と職人)から問題を解決する時期にきていることに気付いて
ほしいと願っております。

消費者の住宅相談教室開催の傍ら、私は週に一回のペースで現場の仕事を
職人と共に働いています。「中古住宅再生術」の一つである「床下の点検と
提案」では業者と職人の「意識向上の改革」をしない限り、日本の住宅を
100年住宅にするという国策は望めないと感じました。

中古住宅を優良中古住宅として、長寿命化を目指す国策の実現は職人の
「心と技」で決まります。技は大事ですが、格差のある現代は「心」で決ま
ります。技があってもやる気をなくすような心にしては、良い仕事が出来ま
せん。厳しい法規を作って監理・検査をする組織や企業を作っても一日中見
張る訳にはいきません。

100年住宅実現のためには、複雑な手続きや監理・検査が消費者(所有者)
の意欲をそぐようなことがないように、目線を職人と消費者の心理に向けて
ほしいのです。今の国策に希望を持ち始めた消費者(所有者)の「自分の家
は自分で守る」意識の芽生えを職人の「心」と共に大切にしていけば、
100年住宅は実現すると思っています。

住宅リフォーム学院 主宰 山川義光

住宅の新築、リフォームの相談は、
「ライフスタイル総合研究所:03-3449-1021」までお問い合わせください。



http://www.lifestyle.co.jp/2013/10/100_1.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所