カプセル内視鏡で大腸がん検査

ライフスタイル総合研究所



 カプセル内視鏡で大腸がん検査

投稿日:2013年11月29日 13:00

「飲むだけ」のカプセル内視鏡で大腸のがんを探す検査が、2014年1月か
ら公的医療保険の対象になります。大腸がんはがんの死因の上位ですが、「
恥ずかしい」などの理由で検診の受診率が低いので受診を促し、早期発見に
つなげるのがねらいです。検査は長さ3.1cm、直径1.1cmのカプセル型の内視
鏡を飲みます。  

1秒間に35枚の画像が撮影できる小型カメラとLEDライトによって、デ
ータは随時に受診者のレコーダーに送信され、数時間後にカプセルは便とし
て排泄されます。肛門から細長い管を入れる従来の内視鏡検査に比べて、痛
みと心理的負担が少なくなります。カプセルの価格は83100円で、ここに検
査費用が加わり、3割負担なら1回数万円で受けられる見通しです。



http://www.lifestyle.co.jp/2013/11/post_712.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所