身曾岐神社「究極の開運法」壱

ライフスタイル総合研究所



 身曾岐神社「究極の開運法」壱

投稿日:2014年01月29日 17:00

身曾岐神社では、日本人の精神文化の源流である古神道の奥義を受け継ぎ、
みなさまに広くお伝えしております。神世から明治維新にいたる千古のあい
だ、歴朝の宮中祭祀を司ってきた神祇伯に連綿と受け継がれ、今日、身曾岐
神社のみが唯一継承する究極のみそぎ行法が「十種神寶御法(とくさかんだ
からのごほう)」です。

遠い神世の昔から伝えられてきたこの法は、私たちの命そのものをみそぎ、
きれいな体、きれいな心となって生まれ変わり、あらゆる束縛から解放され
た人間至高の境地にいたる、究極の開運法ともいえるものです。

初学修行座では、この十種神宝御法の基本である「息のみそぎ」を学んで
いただくことによって、日常の喧騒の中では得られなかった深い安らぎ、癒
しを得、また昨今失われつつある日本人としての心、親先祖を尊ぶ心、「い
のち」に感謝する心を取り戻していただくことを目的としております。

八ヶ岳山麓の壮大な大自然のふところに抱かれ、神世の世界をそのままに
再現したこの古神道本宮身曾岐神社において、一人一人が内なる神性に目覚
め、本来の活き活きとした自分に戻れるための2日間です。

■息

神道の世界では、息こそ生きるものの「いのち」であると考えています。
古語辞典(岩波書店)で調べてみると、いのち=息の勢い、と出ています。
人の一生は、産声をあげて始まり、息を引き取って終わるというように、息
こそがその人の生命エネルギーそのものと見るのです。

この初学修行座では、古来より宮中に伝わる伯家神道の呼吸法を学ぶこと
によって、いのちの力を強め、すこやかで喜びに満ちた人生、文字通り「長
生き(息)」ができる人生へとみなさまを誘います。

武術、芸能、礼儀作法など、あらゆる基本の「道」の基本は呼吸法にあり
ます。へその下に気を集め、自らの生命力を充実させていく、それが伯家神
道に伝わる息吹永世(いぶきながよ)という呼吸法です。

また「とほかみえみため」という御神言を力のかぎり唱え続けることによ
って、自分の中の邪気を吐き切り、天地自然のリズムに同化していく言霊(
ことだま)祓いの行、ヨーガの元となった天津息吹(あまついぶき)など、
熟練した神職の指導によって、自らのいのちの力の目覚めが促されます。

◆初学修行座
修行内容:聴聞(神学講話)、息吹永世(静体呼吸行)、祓座(言霊祓行)
      2014年2月15日(土)-2月16日(日)1泊2日 
      詳細はhttp://www.misogi.jp/syugyou



http://www.lifestyle.co.jp/2014/01/post_683.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所