健康と医療「酵素」がつくる腸免疫力2

ライフスタイル総合研究所



 健康と医療「酵素」がつくる腸免疫力2

投稿日:2014年05月28日 09:00

食物繊維の重要性を世界に知らしめたイギリスのデニス・バーキッド博士
は「すべての成人病の根源は、今世紀の食生活が繊維を失ったことにある」
と述べていますが、博士の言葉はまさに至言で、食物繊維はそれほど大事な
栄養素なのです。博士は、繊維の有効性を次のように言っています。

1.繊維が腸壁を刺激して、胃腸の運動や消化液の分泌を活発にする
2.腸内細菌が食物繊維を栄養にして繁殖、ビタミンB群などを合成する
3.小腸での消化時間を長くして、糖分が腸に吸収されて生じる血糖値の上昇
 を和らげる
4.大腸での食物の通過時間を短くして、腸内細菌の作業で排便をスムーズに
 する
5.胆汁酸の再吸収を抑え、血中コレステロールの量を下げる
6.有害物質、毒性金属を吸収して発がんのリスクを減らす

その有効性を私なりに、もう少し解説してみたいと思います。食物繊維に
は水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性があります。水溶性の食物繊維は
ペクチンやグアーガム、グルコマンナン、フコイダン、アルギン酸などの種
類があり、その特長は水を吸ってネバネバになり、ゼリー状に膨らむことで
す。そのためコレステロールや胆汁酸の吸収を抑制し、血液中のコレステロ
ールや肝臓内のコレステロールの量を減らす効果があるのです。

胆汁酸というのは、コレステロールを原料として肝臓でつくられる、脂肪
を溶かす消化液ですが、常に肝臓、小腸、胆のうの中に一定量が蓄えられて、
脂肪を消化・吸収するときに十二指腸に分泌されます。その役目が終わると
再吸収され、再び肝臓に送り込まれます。これが胆汁酸の「腸肝循環」とい
われるものですが、ゼリー状になった水溶性の食物繊維は、この胆汁酸を吸
着し、便と一緒に排泄します。

当然、蓄えていなくてはいけない一定量が不足することになるので、再生
産しなければいけません。そのとき使われる主な材料が、肝臓や血液中のコ
レステロールです。こうしたことから、動脈硬化や高コレステロール血症、
虚血性心臓病、脳血管疾患、胆石などの病気に対する予防効果が高くなるの
です。
                             >>>続く

 
★良質の食物繊維が腸内環境を良くする「鶴見式ファイバー」
http://www.lifestyle.jp/turumifiber.htm
 



http://www.lifestyle.co.jp/2014/05/2_3.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所