日本の薬がエボラ出血熱に効果

ライフスタイル総合研究所



 日本の薬がエボラ出血熱に効果

投稿日:2014年10月23日 09:00

感染の拡大が世界的な脅威となっているエボラ出血熱。これに感染して治
療を受けていたスペイン人看護師について、スペイン政府は「治癒した」と
2014年10月22に発表しました。同政府は治療薬を明かしていませんが、スペ
イン国内の報道によると日本製の抗インフルエンザ薬「アビガン」が投与さ
れたといわれています。

エボラ出血熱は今年3月から西アフリカの3カ国(ギニア、リベリア、シエ
ラレオネ)で流行し、9月28日までに3000人以上が死亡している致死率の高
い感染性の疾病です。患者の体液(血液、分泌物、排泄物、吐物)に触れる
ことにより感染し、患者は、2-21日(通常は7-10日)の潜伏期間の後、発
熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、腹痛、嘔吐、下痢、脱力、出血などに襲
われます。

8月にはWHO(世界保健機構)が、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急
事態」との声明を発表しました。アフリカのみならずアメリカやヨーロッパ
でも感染者が現れ、エボラ出血熱への対策は世界的に急務となっています。
そんななか、富士フイルム傘下の「富山化学工業」が開発した抗インフルエ
ンザ薬「アビガン」がスペインで患者に投与され、治癒に成功しました。

アビガンはエボラ出血熱の治療薬としては未承認ですが、フランスやドイツ、
ノルウェーでもエボラ出血熱の治療薬として使用されており、フランスでは
この薬を投与された患者が治癒し、退院した例も報告されています。

アビガンについては、イギリスの大学から「ノロウイルスにも効果を発揮す
る可能性がある」との見解も示されており、世界的な注目が集まっています。

★海からの恵みで免疫力を高める!
 「めかぶ糖鎖フコイダンドリンク」
http://www.lifestyle.jp/fco_ekis.htm



http://www.lifestyle.co.jp/2014/10/post_735.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所