健康と医療「自己多血小板血漿療法」PRP療法

ライフスタイル総合研究所



 健康と医療「自己多血小板血漿療法」PRP療法

投稿日:2015年01月27日 09:00

慢性痛治療の最近の傾向として、慢性化した患部を急性の状態に戻すこと
により、自己治癒力を再活性化する「切開しない手術」が高い効果を上げて
います。血小板再生治療とも呼ばれるPRP(Platelet-Rich Plasma)療法
は、その中でも新しいアプローチの一つとして、患者さん本人の血液を使い
ます。

日本では、顔のしわを目立たなくするなど、美容整形分野での利用がよく
知られていますが、アメリカではプロスポーツ選手を中心に、けがの治療に
使われ始め、一般の人の間でも注目されるようになりました。

■PRP療法(自己多血小板血漿療法)の特長

・損傷した腱や靭帯に局部麻酔を行い、PRPを注射針で注入することで治
 癒を加速します
・慢性痛治療は80%以上の非常に高い成功率です
・回復時間は従来の手術でかかる6-9カ月に対し、1-2カ月と大幅に短縮さ
 れます

■効果のある症状

 けがや病気による組織の損傷からくる慢性痛

■PRP療法の仕組み

PRPは血小板を濃縮したもので、新しい組織や細胞の成長を促す「栄養
素」が豊富に含まれています。治療ではまず、患者さんの腕から採血し、そ
れを専用の遠心分離機にかけてPRPを抽出します。次に、患部、例えば損
傷した腱や靭帯(じんたい)に局部麻酔を行い、PRPを注射針で注入しま
す。

その際、針の先で患部にいくつもの小さい穴を開け、「新しいけが」を作
ります。この「新しいけが」により、治癒(修復)することを忘れて慢性化
した患部を急性の状態に戻してやり、体に炎症を起こさせます。

炎症は、治癒の最初のステップです。炎症が起きた後は、栄養を豊富に含
んだPRPが傷ついた腱や靭帯の再生を促します。血小板はもともと体内に
ある成分ですが、高濃度の血小板、つまりPRPを注射で足してやることで、
治癒を加速することができます。

米食品医薬品局(FDA)は、リハビリなど、非外科的治療を半年以上行
なっても効果がなかった慢性アキレス腱炎、足底腱膜炎、テニスひじなどへ
のPRP療法を認めています。

■PRP療法の利点

これまでの研究では、慢性痛が80-85%緩和したことが報告されています。
痛みが完全に無くなった例もあります。効果は基本的に持続し、再発の心配
はありません。回復時間は大幅に短縮されます。個人差はありますが、患部
をメスで開く手術の場合、6-9カ月を要するところを、PRP療法の場合、
切開しないこと、PRPが治癒を加速することから、6-8週間程度です。

本人の血液を使うため、アレルギー反応や感染といった副作用もありませ
ん。糖尿病や心疾患患者、高齢者など、切開を伴う手術にリスクがある人に
とってもPRP療法は朗報です。

■治療後に気をつけること

PRP療法は、急性の「炎症を起こす」ことで自然治癒を促すので、「炎
症を抑える」抗炎症剤や患部冷却は逆効果です。ステロイド注射などで炎症
を抑える従来の慢性痛治療に対する考え方とは、原理が180度違います。

★メカブは私たちの血液を構成する糖鎖物質の宝庫
 「めかぶ糖鎖フコイダンドリンク」
http://www.lifestyle.jp/fco_ekis.html
 



http://www.lifestyle.co.jp/2015/01/post_757.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所