伝統と文化「能と狂言」1

ライフスタイル総合研究所



 伝統と文化「能と狂言」1

投稿日:2015年05月22日 09:00

◆能の歴史

六世紀中頃、中国から「雅楽」が上陸して、また、中国の様々な民間芸能
も流れ込んで、それらは「散楽」と呼ばれました。今も宮内庁に受け継がれ
ている「雅楽」といろいろな芸や技を寄せ集め演じられた大衆芸能であった
「散楽」は対極をなすものでした。「散楽」が庶民の間に徐々にひろまり、
その過程で「日本古来の芸能」と混ざり合って「猿楽」が流行します。

鎌倉時代には農耕儀礼から生まれた「田楽」がはやり、また僧侶たちが法
会のあとの宴でおこなった「延年」という寺院芸能も盛んになりました。こ
うした様々な芸能、踊り、歌などが混ざり合い、だいたい南北朝から室町時
代の初期にかけて「能」の原型のようなものができました。

室町時代、観阿弥、世阿弥親子によりこの原型が集大成され、歌曲や美し
い舞、ストーリー性が加わり、「能」が完成されました。さらに王朝文芸と
も混ざり合い、当時の権力者、足利義光に認められ庇護を受け、洗練された
高度な舞台芸能へと大成されていきました。

室町幕府崩壊の後は、戦国、安土桃山の様々な武将に愛され、保護されて
いきます。その後、江戸時代に入ると、幕府の式楽(公式行事等に演奏され
る公認音楽)となり、シテ方の流儀も五流と定められ約300年間、洗練と固
定の一途をたどります。明治維新で幕府の庇護がなくなり、その存在が一時
危うくなりました。

しかし、公家、旧藩主、高級官僚、豪商などが支援し、旧にも増して盛ん
になっていきます。さらに、第二次世界大戦後の混乱期にも大きな打撃を受
けて存亡の危機にさらされましたが、多くの人々の懸命な努力に支えられ、
よみがえり、わが国を代表する古典芸能として、今では海外からも高い評価
を受けて、今日に至っています。

◆狂言の歴史

狂言は能と同じく、直接には奈良時代に「雅楽」などとともに中国より渡
来した「散楽」の系統を継ぐ者であると考えられています。やがて、仏教の
芸能的要素の影響を受けて、猿楽本来の滑稽な物真似は狂言として、一方で
歌や舞は能として、それぞれ形態を確立していったと考えられています。狂
言はさらに時代とともに単なる物真似から進化して、様々な世相を風刺する
笑いの台詞劇として発展をしていきました。

鎌倉時代を経て、そして室町時代の初めに観阿弥、世阿弥親子により、猿
楽が現在の能楽とほぼ近いかたちに整えられたときには、狂言は能の座の中
に組み込まれました。豪華絢爛な桃山文化が隆盛を極めた時代には、狂言に
おいても名手が続出しました。室町時代後期から江戸時代初期にかけて、狂
言三流が成立し、多くの小規模な能学所属の狂言方も徳川時代の制度整備に
伴って、この三流に吸収されていきます。

能と同じく、明治維新により幕府の庇護を失うと、狂言の世界も混乱期に
陥ります。昭和に入り、現在の二流がそれぞれ活性されるに至ります。戦後
になり、名人や若手たちが精力的に活動を繰り広げた結果、狂言の芸位の高
さとその真価が広く認識されるようになり、今日では国内のみならず、海外
でも高い評価を受けるに至っています。

                >>>次号に続く

★抗酸化ミネラル「ハイドロンホワイト」
 によるリンゴの酸化・還元実験!
http://www.lifestyle.jp/hydoron.html
 



http://www.lifestyle.co.jp/2015/05/1_3.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所