伝統と文化「能と狂言」2

ライフスタイル総合研究所



 伝統と文化「能と狂言」2

投稿日:2015年06月22日 09:00

■能:夢の一時の物語

能は演劇です。しかも現代でもその基本の形をほとんど変えずに、また時
代時代に対応しながら伝承されている、世界で一番古い舞台芸術なのです。
能の物語はおよそ250話あります。そして主人公であるシテの役柄によって
大きく五つに分類されています。

初番目物(脇能物):神様がシテです。二番目物(修羅物):戦で修羅道
におちた武将の亡霊がシテです。三番目物(蔓物):源氏物語などのヒロイ
ンや草木の精などの女がシテです。四番目物(雑能):他の分類に属さない
能で、狂女や唐人などがシテとなります。五番目物(切能):主に人間以外
の鬼や天狗、妖精などがシテです。見た目の派手な曲が多くあります。

■狂言:永久に変わらぬ人の現世

狂言には、「本狂言」と「間狂言」があります。「本狂言」は独立した筋
を持つもので、庶民性・喜劇性をもち、名もない庶民の哀歌を描き、庶民の
目線で物事を見、風刺にあふれたものが多くなっています。このように「本
狂言」は当時の庶民の日常生活を軸に、多くの物語が展開しています。また、
当時の世相が反映されていますから、親しみやすく、かつ分かりやすいもの
となっています。それは時を経た現代においても、色あせることなく、多く
の人々が分かち合える日常的な感覚といえるでしょう。

「間狂言」は能の中に登場し、人物を紹介したり、舞台の展開を説明した
り、時には面白おかしくストーリーを盛り立てる役もこなします。多くは前
場と後場をつなぐ役割として活躍します。

★鶴見隆史医師も愛用している!
 抗酸化ミネラル「ハイドロンホワイト」
http://www.lifestyle.jp/hydoron.html



http://www.lifestyle.co.jp/2015/06/post_786.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所