健康と医療「累積疲労」

ライフスタイル総合研究所



 健康と医療「累積疲労」

投稿日:2015年08月26日 09:00

累積疲労は体の疲労が心の疲労にも移行します。放置すると、パニック障
害やうつ病、過労死にもなる怖い病気です。心療内科医で「累積疲労」とい
う病名の名付け親でもある堀史朗さんは、そのメカニズムを説明します。疲
労がたまってくると、血管の9割を占める毛細血管とリンパ管がつまりやす
くなります。また、体の細胞を修復する成長ホルモンの分泌が減って、死ん
だままの細胞がたまっていきます。こうして、体のだるさを感じるようにな
るのです。

さらに、胃腸が弱り、栄養素が消化・吸収できなくなります。特に、ビタ
ミンや微量の重要な栄養素が吸収できず、消化や運動などの生命活動の中心
でもある酵素の活性も落ちて、ますます毛細血管がつまりやすくなります。
こうした中で、脳の毛細血管がしだいにつまっていくと、理性をつかさどる
大脳の前頭前野の働きがゆっくりと衰え、神経回路網もだんだん荒廃してい
きます。「つまった末梢の細い血管が体内、特に脳に増えていくのが、累積
疲労の要因だったのです」と堀さんは話します。

治療は、患者の毛細血管をひろげたり、修復したりして、末梢循環を改善
することを重視しています。疲労回復に睡眠が大事なのは言うまでもありま
せんが、睡眠は体の細胞を修復し、疲れをとる成長ホルモンが分泌する大切
な時間でもあるのです。だから、短時間の睡眠では成長ホルモンの分泌が十
分でなく、疲れがとれない悪循環を引き起こしてしまうのです。仕事などで
平日の睡眠時間が不十分な人は、週末などに休める時は少しでも長く寝て、
成長ホルモンの不足を取り返し、疲れを早く解消しましょう。

★マイナスイオン化「ハイドロンホワイト」で元気な体づくり!
http://www.lifestyle.jp/hydoron.html



http://www.lifestyle.co.jp/2015/08/post_802.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所