「構造材を見せる」大手不動産企業

ライフスタイル総合研究所



 「構造材を見せる」大手不動産企業

投稿日:2015年09月29日 17:00

大手不動産企業が住宅のイメージを立体画像にして、顧客に提案するサービスが始まります。建物など、コンピューターグラフィックスを使って立体的な映像で見せるというもので、戸建注文住宅の販売促進につなげる考えです。注文住宅の場合は、施主がいつでも現場を見に行くことができますので、更に構造材の理解は深まると思いますが、もっと必要なのは工事現場を見ることができない建売住宅ではないでしょうか。

購入者には見えない構造材などはわからないので、木造住宅に知識のある建築士を連れて見学しに来ますから、建売住宅にもこの制度を取り入れると大きな販売促進につながると思います。更に必要としているのは中古住宅のリノベーション済み販売物件です。購入者は予算も、立地条件も満たしているので購入したいのですが、肝心の構造材が見られないので迷ってしまうのです。もう隠して売る時代は終わったのです。

本誌の2013年4月号に、住まい「構造材オープン中古物件」と題して掲載させて頂きました。併せて2015年6月号も再読してください。不動産企業も工務店も自ら改革することによって市場の活性化が起こります。

今回、大手不動産企業の構造材を見せるシステムは今後の住宅業界に大きな指針となります。3年前から国の有識者と業界団体の肝いりで始まった「中古住宅流通活性化」のためにも、業界は「構造材オープン」を主導してい
くことです。劣化した材木を取替え、補強が可能である木造住宅の優位性を示すことができれば、金融機関も中古住宅に対して積極的な融資が可能になります。業界と金融機関の協調によって「中古住宅流通活性化」は軌道に乗ると思います。

住宅リフォーム教室 主宰 山川義光

住み慣れた我が家のメンテナンス・リフォーム、冷暖房の節電効果が高い桐の住宅内装材(床、壁、天井、収納等)の新築・リフォーム工事はライフスタイル総合研究所03-3449-1021までお問い合わせください。

★冷たくて固い床から、柔らかくて暖かい床に「桐エコロジーリフォーム」
http://www.lifestyle.jp/kiri_jutaku.html
 



http://www.lifestyle.co.jp/2015/09/post_817.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所