「国交省、建設下請け実態調査」弊害を是正 2

ライフスタイル総合研究所



 「国交省、建設下請け実態調査」弊害を是正 2

投稿日:2015年12月08日 17:00

私達現場人間の表現は知的な言葉ではありませんが、約40年前から建設業の下請構造を「親・子・孫・曾孫」と呼んできました。初めに予算ありきで「半値八掛」がまかり通っていました。下職になった職人に話を聞くと「生きるためです、指し値に合わせた仕事になります」と、これが末端の職人の現実の声なのです。

現場監督はそうした職人の心を癒しながら工期達成に努力しています。このような実態を放って置いて業績アップの指令が出ると、職人の心にも限界が生じ、ミス工事が多発します。このようなミス工事の原因となっている現場を見ずして、有識者会議を何度やっても解決はしません。原因の根っ子を知らずに、書類上の手続きを厳しくしても意味がありません。

住宅リフォーム教室 主宰 山川義光

住み慣れた我が家のメンテナンス・リフォーム、冷暖房の節電効果が高い桐の住宅内装材(床、壁、天井、収納等)の新築・リフォーム工事はライフスタイル総合研究所03-3449-1021までお問い合わせください。

★冷暖房の節電効果が高い桐の床エコロジーリフォーム8畳で坪単価わずか7.5万円♪

http://www.lifestyle.jp/kiri_jutaku.html
 



http://www.lifestyle.co.jp/2015/12/post_840.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所