ちしゃとう:抗アレルギー野菜1

ライフスタイル総合研究所



 ちしゃとう:抗アレルギー野菜1

投稿日:2016年02月23日 17:00

「ちしゃとう」という野菜をご存じでしょうか。別名茎レタスやステムレタスなどと呼ばれる中国原産の野菜です。レタスの仲間ですが茎が大きく育つのが特徴で、日本では京懐石の前菜に「ちしゃとう」の浅漬けが出されます。青竹に見立てたお正月料理にも、皮をむいた「ちしゃとう」の茎が使われています。

中国では、清王朝の皇帝に献上されていたことから「貢菜」と呼ばれる高級野菜で、古来より肝機能改善の効果があるとされ、薬膳料理に取り入れられています。また、乾物野菜の「山くらげ」はこの「ちしゃとう」を乾燥させたものです。中国では肝機能改善を目的に食べられていましたが、多くの人が悩まされるアレルギー症状に効く野菜として日本では注目を集めています。


★鶴見隆史医師監修のNEWシリーズ!
 「万病の元」活性酸素を無害な水に変える「鶴見式水素」
http://www.lifestyle.jp/turumisuiso.html



http://www.lifestyle.co.jp/2016/02/post_894.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所