小腸の偉大な働き5-3

ライフスタイル総合研究所



 小腸の偉大な働き5-3

投稿日:2016年05月13日 09:00

■悪玉菌の役割

大腸内には400種400兆もの菌が生息して活動しています。小腸内にもそこまではありませんが、かなりの菌が生息しています。そしてそのほとんどが日和見菌で、30%近くは善玉菌、数%は悪玉菌です。日和見菌70:善玉菌28:悪玉菌2%程度が理想的です。

しかし、この悪玉菌でも実はいなくては困る程良いことをしています。この悪玉菌が大変多い割合になり30%(日和見菌は常に70%)にもなると有害な毒素を出して病気になっていくのです。ではどのような時に悪玉菌が増え、なぜいなくてはいけなくて、どんな役割をしているのでしょうか。

参考文献:「森愛の響き」鶴見隆史医師著

★鶴見隆史医師監修のNEWシリーズ!
今、注目されている酵素で体の中からキレイに「鶴見式酵素」
http://www.lifestyle.jp/turumikoso.html



http://www.lifestyle.co.jp/2016/05/post_935.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所