健康と体温「健康な体をつくる」4-2

ライフスタイル総合研究所



 健康と体温「健康な体をつくる」4-2

投稿日:2016年05月31日 09:00

そのうえ、長時間のデスクワークによって血流はさらに悪くなり、当然体温は下がります。また、室内外の温度差が激しいため、体温調節の機能がおかしくなり、自律神経にも異常をきたしてしまうのです。

桐の内装材は遠赤外線を輻射しますので温かく、桐の温かさが体の奥までしみ渡ります。桐の木は多孔質で、木の60%が空気層です。その空気層の中には適度な水分が蓄えられていて、遠赤外線の熱が輻射されるときにはこの水分をほど良く含んで出てきます。この水分が含まれた熱を「湿熱」と呼びます。

★足裏の快圧を楽しめる木製マット
「桐足裏モンデール」で足の裏まで森林浴!
http://www.lifestyle.jp/monderu.html



http://www.lifestyle.co.jp/2016/05/post_950.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所