健康と体温「健康な体をつくる」4-3

ライフスタイル総合研究所



 健康と体温「健康な体をつくる」4-3

投稿日:2016年06月09日 09:00

湿熱とは例えば、蒸しタオルを連想してみてください。蒸しタオルを肌にあてると気持ちがいいですが、あの蒸しタオルから水分が抜けて乾燥していたら、決して気持ちがいいとは思えません。熱に水分が加わると、熱がマイルドになり、しかも身体の奥まで水分が熱を運んでくれます。こたつや暖房の熱は水分を含まず乾いている「乾熱」です。乾熱は湿熱に比べて、身体への刺激が強いので、ストレスとなり筋肉を緊張させてしまいます。

また、桐の温かさを優しく感じるのは、桐の木の波長が9.4μHz(マイクロヘルツ)で人の皮膚と同じ波長なんです。同じ波長は反発せずに同調しますので無防備でいられます。つまり桐の内装材の中にいるということは、赤ちゃんがお母さんの胸の中で眠る感覚に似て、包まれるような安心感があるのです。

★足裏の快圧を楽しめる木製マット
「桐足裏モンデール」で足の裏まで森林浴!
http://www.lifestyle.jp/monderu.html



http://www.lifestyle.co.jp/2016/06/post_951.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所