奉納 第二十六回「八ヶ岳薪能」

ライフスタイル総合研究所



 奉納 第二十六回「八ヶ岳薪能」

投稿日:2016年06月27日 09:00

■能 吉野天人 よしのてんにん 角幸二郎

花の吉野山。訪れた都人たちの前に里の女が現れ、共に桜を楽しみ、花に魅かれた天人と告げて消え失せる前段。「その古(いにしえ)の五節の舞。小忌(おみ)の衣の羽袖を返し。月の夜遊を見せ申さん」。

吉野山の来歴と天人の影向(ようごう)を予告する狂言方は、里人または山神。後シテの天人は、冠を戴いた装いも華やかに、天皇の治まる聖代を寿ぎ、桜を賛美して美しい舞を見せ、「また咲く花の雲に乗りて行方も知らずぞ。なりにける」。

観世信光は「船弁慶」「紅葉狩」などダイナミックな能の作者だが、世阿弥の幽玄の主張とはまた異なって、小品ながら華やかにひたすら美しい。観世流のみ伝承する曲目。シテの角(すみ)幸二郎は宗家門下の逸材。世阿弥の言う「時分の花」に期待したい。

■狂言 呼声 よびこえ 山本東次郎

「太郎冠者殿、内にござるか。内にござらばお目にかかろ」「太郎冠者殿、留守でござる。」無断欠勤を咎(とが)めにきた主人と供の次郎冠者。留守を預かる者と声色で居留守を使う太郎冠者。その呼び声も平家節から、小歌節、踊り節へと、当時流行のメロディとリズムにエスカレートしていくノリの高まり。

三人がだんだん楽しくなっていくのも狂言の世界である。山本東次郎(人間国宝)とその弟・山本則俊、後継者の山本則秀と、息の合った舞台が展開する。一時上演が中絶し、明治になって復活した曲目という。

■能 葵上 あおいのうえ 観世清和

能は貴婦人の心の奥にも潜む鬼を造形して見せる。光源氏を巡る恋の確執のテーマ、詞章と作曲の妙、凝縮した演出。「葵上」は海外公演に必ず選ばれる人気曲。六条御息所(みやすどころ)は元皇太子妃。身分も美貌も教養も、比類のないトップ・レディである。夫に先立たれ、十歳近く若い光源氏との間に恋が生まれる。

しかし正妻・葵上の懐妊、遠ざかる光源氏の愛、その嫉妬の想いに加えて、賀茂の祭りで葵上の下人から受けた車争いの屈辱。それらは六条の心に鬱屈し、眠って理性のコントロールが弱まると、魂は生き霊となって抜けだし、葵上に取り憑いて苦しめる。

巫女(みこ)の呪文に曳かれて、六条の生き霊が現れ、綿々と悲しみと怨みを訴えるが、その激情はついに爆発し、病床の葵上を打ち据え、冥(くら)い世界に連れ去ろうとする前段。比叡山から招かれた行者の法力と、般若の鬼となって抗争する後段。古作に世阿弥が手を入れた能。空(くう)之祈は、緋の長袴が執心の尾のようにひるがえる、すぐれた替えの演出である。

円熟の境にある観世宗家の品格と技は、現代の能の頂点を見せる。ワキの森常好、狂言の山本東次郎一家、囃子の一噌隆之、観世新九郎、亀井広忠、観世元伯、それに観世宗家一門の精鋭と、今年も贅を尽くした八ヶ岳薪能である。
能楽評論家 増田正造氏

◆奉納 第二十六回「八ヶ岳薪能」
神事 清祓の儀 宮司 坂田安儀
解説 能楽評論家   増田正造
能  吉野天人    角幸二郎
狂言 呼声      山本東次郎
神事 篝火点火の儀  神職
能  葵上      観世清和

開催日:平成28年8月3日(水曜日)開場15:30
開演16:30-19:45頃終演予定

会 場:身曾岐神社 能楽殿
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3401
0551-36-3000
JR中央線→小淵沢駅下車(タクシー5分)
中央自動車道→小淵沢I.C.より車で5分

協賛金:一万円(全席指定)

申込先:八ヶ岳薪能実行委員会 03-3568-3229
http://www.misogi.jp/shinji/yatsugadake/
     

★奥会津で桐の植林を行なっています
桐の植林から開発した商品の売り上げは桐の植林活動に使われています
http://www.lifestyle.jp/kiri.html
 



http://www.lifestyle.co.jp/2016/06/post_962.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所