我が家に適したリフォーム1-2

ライフスタイル総合研究所



 我が家に適したリフォーム1-2

投稿日:2016年07月08日 09:00

住宅不足の時代に売り出されていた住宅もすでに飽和状態を大幅に超えています。あなたの家が築30年を超えているのなら、一度ゆっくりと自分の目で「我が家の確認」を行ってください。

熊本大地震は新たな問題を提起しています。国は1981年以前の旧耐震住宅を中心に耐震化を進めていますが全くナンセンスです。旧耐震住宅には昔気質の匠大工の腕があり、構造材の接続部は寸分の狂いもなく堅固な姿を50年以上保っている家が多いのです。問題は建築ブームに建てられた家で、床下は低く換気が悪く、図面上は筋交いありとなっていても柱と梁のコーナーまで届いていないものがあり、雨漏りで柱が腐朽しているものもあります。

住宅総合相談「消費者応援の会」代表 山川義光

住み慣れた我が家のメンテナンス・リフォームは建築士と不動産企業と工務店の専門家が揃った「消費者応援の会」東京本部のライフスタイル総合研究所03-3449-1021までご相談ください。

★あなたの家を守る「消費者応援の会」とは?
http://www.just.st/index.php?tn=index&in=302069&pan=9891



http://www.lifestyle.co.jp/2016/07/12_5.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所