住宅業界の大改革1

ライフスタイル総合研究所



 住宅業界の大改革1

投稿日:2016年08月25日 09:00

■大工職人の減少

2010年には、約40万人の大工職人が約80万戸の住宅を建てていましたが、2030年には15万人まで減ると野村総合研究所は予測しています。

■建築ブームのずさん工事

野村総合研究所の予測を業界紙で知った私は、約30年前の建築ブームによるずさん工事を思い出しました。どんなものであったか、私が体験した事実を書いてみます。職人不足によって職人は2-3軒の現場を、現場監督は5-6軒の現場を掛け持ちするのが一般的で、忙し過ぎて職人と監督の慣れ合いも発生していました。

「消費者応援の会」東京本部 03-3449-1021
住宅総合相談「消費者応援の会」代表 山川義光

★「消費者応援の会」のシステムが適正価格と適正施工を実現します!
住宅診断、耐震診断は「消費者応援の会」にご連絡ください
http://www.just.st/index.php?tn=index&in=302069&pan=9891



http://www.lifestyle.co.jp/2016/08/post_986.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所