「ビフォーアフターで施工業者が提訴」1-1

ライフスタイル総合研究所



 「ビフォーアフターで施工業者が提訴」1-1

投稿日:2016年09月28日 09:00

元々、テレビ番組の「ビフォーアフター」は匠と番組制作会社の宣伝だと思っていました。一般消費者から「あの値段であの工事が出来るの?」と聞かれることが多く、私は「どう計算しても出来ません」と答えていました。
テレビ番組では、工事現場で想定外の問題が発生すると、匠の建築士や大工職人が遠方まで出かけて材料を選び、製品化して現場へ持ち込んでくる場面があります。

想定外の問題は見積金額には、入っていません。誰が所有者(支払者)に伝えるのだろうか?と、いつも疑問に思っていました。家の所有者はリフォーム期間中を別の場所で生活して、完成まで工事現場を見ることができませんから、追加金額は所有者の方に最も近い方が間に入って、解決していくべきだと思います。

あなたの家を守る「消費者応援の会」代表 山川義光

★「消費者応援の会」のシステムが適正価格と適正施工を実現します!
あなたの家を守る「消費者応援の会」とは?
http://juutaku-ouen.com/



http://www.lifestyle.co.jp/2016/09/post_1018.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所