「長寿の秘訣は食にあり」1-3

ライフスタイル総合研究所



 「長寿の秘訣は食にあり」1-3

投稿日:2016年10月05日 09:00

まず、植物性の食物と動物性の食物の割合は「8対2」が理想的です。すると「そんなに動物性の食物を少なくしてしまっては、たんぱく質が不足しませんか?」といわれますが、心配はいりません。植物性の食物でも、たんぱく質は十分に摂ることができるからです。植物性の食物のなかでも、大豆は昔から「畑の肉」と言われるほど多くのアミノ酸を含んでいます。

食事全体の40-50%を穀類で摂るようにして、主食としては「白米」ではなく玄米、押し麦、あわ、きび、ひえ、そば米、はと麦といった雑穀がおすすめです。精製されていない穀物には、体に良い栄養素がぎっしりと詰まっていて、酵素も豊富に含まれています。小麦も精製すると、栄養素は激減しますので、パンやパスタなどを楽しむときには、全粒粉の小麦粉を使ったものを選びましょう。

★ほかほか健康ショップの酵素サプリメント
今、注目されている酵素で体の中からキレイに「鶴見式酵素」
http://www.lifestyle.jp/turumikoso.php



http://www.lifestyle.co.jp/2016/10/post_1021.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所