「長寿の秘訣は食にあり」1-4

ライフスタイル総合研究所



 「長寿の秘訣は食にあり」1-4

投稿日:2016年10月14日 09:00

牛や豚の体温は人間よりも高い38.5-40℃で、鶏の体温はそれよりもさらに高い41.5℃です。こうした人間よりも高い体温の動物の脂は、その温度でもっとも安定した状態にあるということです。つまり、それよりも体温の低い人間の体に入ったときには、ベタッと固まってしまいます。この脂のベタつきが、血液をドロドロにしてしまうのです。

一方、魚は変温動物ですから、通常の状態であれば、人間よりはるかに低い体温です。その脂が、体温の高い人間の体内に入るとどうなるでしょう。フライパンなどで脂を熱すると、溶けてサラサラの液体になるのと同じことが起きるのです。魚がもつ脂が血液をサラサラにして悪玉コレステロールを下げると言われているのはこのためです。ですから、同じ動物性たんぱく質でも、「肉」で摂るより「魚」で摂った方が人間の体には非常に良いのです。

★ほかほか健康ショップの酵素サプリメント
今、注目されている酵素で体の中からキレイに「鶴見式酵素」
http://www.lifestyle.jp/turumikoso.php



http://www.lifestyle.co.jp/2016/10/post_1027.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所