住宅ローン控除とすまい給付金2

ライフスタイル総合研究所



 住宅ローン控除とすまい給付金2

投稿日:2016年10月28日 09:00

借り入れ後に金利が低くなると予想されるときは変動金利型を利用すると、金利が下がったときに恩恵を受けます。逆に金利の上昇が予想されるときには、固定期間選択型や全期間固定金利のほうが安心できます。

低金利が続いている今なら10年固定期間選択型でも金利は年1%以下、全期間固定金利型でも1%半ばで借りることができます。変動型金利を利用し、金利の上昇が始まった時点で固定期間選択型などに切り替える方法もあります。

★冷暖房の節電効果が高い桐の床エコロジーリフォームが
8畳で坪単価わずか7.5万円♪
http://www.lifestyle.jp/kiri_jutaku.html



http://www.lifestyle.co.jp/2016/10/post_1035.html
コメントなどを募集中!
コメントしたことがない場合ライフスタイル総合研究所の承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。




ライフスタイル総合研究所について会社概要業務内容営業拠点 
Copyright(c) 1997 by (株)ライフスタイル総合研究所